タイトル:『ストリート・ストーリー』バックナンバー


 
トップページ

 

 
 バックナンバー2009年版を掲載しています

2008年版  2007年版    
2006年版  2005年版  2004年版  
2003年版  2002年版  2001年以前

 

今年も最後の月になりました。
慌ただしい師走ではあっても、
忘年会、クリスマスと宴の季節でもあります。
もうたくさんの人と賑やかにとか、
美味しい物をたくさん食べたいとは思いません。
親しい人と音楽が流れるようなところで、
ゆっくり話ができるような時間を
持ちたいと思います。
この写真の場所は、
ミッドタウンにあるライブハウス「ビルボード」。
正真正銘のエンターテインメントが
素晴らしいライブを見せて聞かせてくれます。
今年のうちに、もう1回くらい行きたいものです。

宴の季節 (200912月)

Page_Top

 

釣り船や屋形船の船着き場のむこうに、
大都会のビルがあります。
この場所は品川。
駅から歩いて10〜15分くらいのところです。
八つ山橋から左に折れると、
懐かしい雰囲気の商店街が広がり、
江戸時代の河岸の跡を自宅の土台にしている
家も見うけられます。
これで昔はここまで海だったということがわかります。歴史あるものが自宅にあるというのは、どういう気分なんでしょうか。そこからすぐが東海道の品川宿跡です。
天気のいい日に品川で降りて、人混みとは逆に歩みを進め、のんびり散歩するのもいいかもしれません。都会には思わぬ歴史の記憶が転がっています。

もなコレ (200911月)

Page_Top

 

わが家の窓辺にはお地蔵さんがいます。
むかし、母と益子の陶器市に行ったときに、
あまりの陶器の多さに疲れて、
何を買ったらいいのか分からなくなっていました。
そんな時、展示場のそばの原っぱに、
石に掘られたお地蔵さんがいたのです!
なかでも、このぼんやりと浮かび上がった
お地蔵さんに引かれ、買って帰って、
わが家に鎮座していただくことにしました。
お地蔵さんの周りにはグリーンをたくさん置きました。わが家で最も日当たりのいい場所が、
お地蔵さんの居場所です。
ときどきスプレーで水を吹きかけて、すっきりしていただいています。

お地蔵さん (200910月)

Page_Top

 

これは何でしょう?
実は、福岡の鈴懸というお菓子屋さんが作っている
「鈴之最中」。ひと口大の小さな最中です。
最中は地味なお菓子なので、
どれも同じと思うかもしれませんが、
どうして、どうして、
調べてみると、お菓子屋さんごとに意匠を凝らし
、こんなバラエティに富んでいるのかと驚くほど。
そんな最中のブログ
『もなかコレクション(略して「もなコレ)』

を作りました。
もちろん、「鈴之最中」も紹介しています。
仲間と二人で少しずつアップしているので、これからもどんどん増えていきます。
時々、覗いていただけると嬉しいです。
たまには、美味しい最中と日本茶でまったりしませんか 。
◆もなかコレクションのバナーです。
  リンクの方はご自由にどうぞ!。
 

もなコレ (20099月)

Page_Top

 

7月にペルーを旅してきました。
天空の城・マチュピチュ、ナスカの地上絵、
世界遺産都市クスコ、そしてチチカカ湖。
どれも、とても印象的でした。
そして、今日本のCMでも人気のアルパカにも
会う機会がたくさんありました。
動物のアルパカは本当にかわいいです。
でも、でかい!
アルパカもいろいろと品種改良が進んでいるようで、
より高級化したものもあるようです。
私も、たくさんのアルパカ製品を買ってきました。
ただし、日本は夏なんですよね...。

ペルーのアルパカ (20098月)

Page_Top

 

「音楽と絵が趣味です」と言えるようになるのが
私の理想。
でも、今から楽器をマスターするのは無理。
そこで、絵くらいはと、
1日絵画教室に参加してみました。
できた絵は...。
とても、ひと様にお見せできるようなシロモノ
ではありません。
でも、絵画教室の雰囲気は好きです。
また、気が向いたら参加してみようと思います。
実力は“陽が暮れて、道遠し”といったところ。
“下手の横好き”ということわざもありましたね。

絵画教室 (20097月)

Page_Top

 

丸の内線本郷三丁目駅近くにある
喫茶「麦」。
地下にあり、目立たない店構えですが、
老舗です。
学生時代は入り浸り、
コーヒー1杯で何時間も粘ったもの。
それでも、何も言われません。
ここで読書をし、レポートを書き
、友人と青春の悩みを語り合いました。
当時も結構古かったのですが、早や30数年。
今度はゆっくり訪ねてみましょう。

本郷三丁目「麦」 (20096月)

Page_Top

 

東京都町田市の里山にある小さな神社。
そこに、このイチョウの木はそびえています。
まさに、そびえているといっていいほどの大樹。
雄株です。
落ちた花弁で幹の周り20mほどが
ふかふかの絨毯になっていました。
幹には「樹齢不詳」の文字が。
この神社が設けられた時には、
すでに大樹として、
ここにあったに違いありません。
いったい、どのくらいの年月を生きているのでしょう。
どんな変化を見てきたのでしょうか。

年齢不詳のイチョウ (20095月)

Page_Top

 

福島県福島駅から
宮城県柴田郡柴田町の槻木駅まで
走っているのが「あぶくま急行線」です。
第3セクターで運営されていて、
駅員がいる駅は7つしかありません。
写真は無人の「兜駅」です。
ちょうど福島行きの電車が来たところ。
この線は夕日にきらきら生える阿武隈川や
桜の名所など、自然の見所が豊富。もう少しすると、阿武隈川下りも始まります。桜はまだまだのようでした。

あぶくま急行線の早春 (20094月)

Page_Top

 

夕方、自宅で原稿を書いていたりして、
ふと顔を上げると、目の前の富士山が
すごいことになっていたりします。
この日も、夕日が沈んだ後、
鮮やかな七色の背景を従えて、
富士がくっきりと立っていました。
こんなふうにはっきりと
空の色の変化が見えたのは初めて。
毎日見ていても、飽きることのない富士山。
富士山はすごい。

虹色の中の富士 (20093月)

Page_Top

 

六本木ヒルズの屋外屋上から
東京の夜景を眺めてきました。
とても寒い日でした。
その分、空気が冴えていて、
月も東京タワーも散らばる街明かりも、
それはそれは美しい。
東京の夜景は世界一だと思います。

 

月と東京タワー (20092月)

Page_Top

 

日比谷
あのレトロな三信ビルがあった場所に、
いつのまにかスケートリンクができていました。
子供たちは大喜び。
子供のころ楽しんだ親世代も得意そう。
年末には、浅田真央さんが
全日本女子フィギアの女王になりました。
そんな姿を見た子供たちの中から、
次の世代のスケーターが生まれることでしょう。
このリンクも、
それにひと役かうかもしれませんね。

都心のスケートリンク (20091月)

Page_Top

 
 

お問い合わせやご質問は
e-mail:info*arias.co.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスに工夫をしています。「*」を@に変更して送ってください。


2003/03/30 22:42:11;72944;f6876ae673j;RETR;ok;/htdocs/street.html 2003/04/30 09:58:19;68270;f6876ae673j;RETR;ok;/htdocs/street.html