メールマガジン「おとなの時代」の最新号です。
バックナンバーの確認、購読や中止はこちらで。

 「おとなの時代」第100号 2017年3月2日発行 

 町に出ようよ!タウンモビリティ

シニアライフアドバイザーの松本すみ子です。

ローソンで働く60歳以上のアルバイトがこの4年間で約70%増えた
という記事が、毎日新聞に載っていました。
全体に占める比率も2.8%から4.7%に上昇したとか。
人手不足に悩むコンビニは、元気なシニア世代が支えているようです。

それで思い出したのが、ある地方出版社社長の言葉。

「岩波ブックセンターの社長が86歳で亡くなった。死ぬ前日まで現役書店員
として働いていた。日本最高齢の書店員とブログで紹介したら、今の日本の
書店界では86歳以上の書店員は100人以上いますという反論があった」。

きっとすごい知識を持った店員さんたちなんでしょうね。会ってみたい!
シニアが支えているのは、コンビニだけではないようです。

〜〜〔目次〕 アリア「おとなの時代」  http://www.arias.co.jp/ 〜〜

【今月の視点】街にでようよ!タウンモビリティ

【最新の活動とニュース】
・外国人のための日本語ネットカフェ『WA』の説明会を開催しました
・プレジデント「あなたの人生90年+α 働き方全課題60」に登場
・地方創生とシニア:地方の大学で、シニア世代に「もう一度」学問を
・週刊朝日の特集「高齢者は75歳 老後が消える?」にコメント
・3月は新潟・燕三条市や福島・須賀川市などで講座を担当します
・Ryoma21情報:ミュージカルや演劇がお得!優待チケットの「Rチケ」

【編集後記】 この発想に驚き!ミニチュアカレンダー

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜今月の視点〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

【今月の視点】 町に出ようよ!タウンモビリティ

近くに商店がなくなった、体が不自由になった、一人では外出ができなく
なったという人のために、買い物代行サービスが注目されています。とても
有難いと思うのですが、でも、自分がそうなったら、どうなんだろうと
考えてしまいます。

やはり、たまにはショッピングや観劇や友達とのおしゃべりで街に出たい、
自分の目で見て好きなものを選びたいと思う人は多いのではないでしょうか。
女性は特に。いくつになっても、洋服もほしいし、美容院にも行きたい。

だから、送迎してくれるとか、一緒に出掛けてくれるサービスがあっても
いいと思うのです。例えば、月に一度でも、家の近くからショッピングモール
や百貨店の送迎バスが出て、買い物中もサポートしてくれるなんてことが
あれば、財布の紐は緩みっぱなし。帰りの車は商品満載で間違いないと思う
のですが。どうしてやらないのでしょうね。

外出をサポートするサービスといえば、「タウンモビリティ」という
取り組みがあります。どんな取り組みなのでしょう。

続きはこちらで → http://www.arias.co.jp/seniorlife/0023.html

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜最新の活動とニュース〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

◆外国人のための日本語ネットカフェ『WA』説明会を開催しました

2月臨時号でお知らせしましたが、外国人のための日本語ネットカフェ
『WA』の開設を準備しています。

そして、教える人のことを、講師ではなく、「アドバイザー」と呼ぶことに
しました。それは、日本語だけでなく、日本の文化や生活を伝えながら、
おもてなしや交流もしてもらいたいと考えているからです。

開設にあたり、3回の説明会を開催しましたが、すべて満席でした。
参加者の年齢は、今年80歳になる方から下は37歳まで。
外国人との交流への皆さんの関心の高さがよくわかりました。

アプリは日々更新中。外国人利用者へのPRや告知も本格的な活動は
これからです。アドバイザーに登録する方々のサポートや実際の
オペレーションなどの講習会も必要です。ひとつずつ問題解決しながら、
関心の高い皆様の協力をいただいて育てていきたいと思っています。

アドバイザー登録に人数や期限の制限はありません。
説明会に出られなかったという方々も、遠慮なくお問い合わせください。
→ 松本 sumikoma@arias.co.jp

『WA』の詳細はこちらで
→ http://www.arias.co.jp/news/2017/015.html

◆プレジデント「あなたの人生90年+α 働き方全課題60」に登場

プレジデントは「あなたの人生90年+α 『働き方全課題60』」の特集
を行いました。松本は、その中の「実家の片付け」と「50代で田舎にGO!」
の項目を担当しました。

反応が多かったのは「実家の片付け」。皆さん、お困りのようですね。
親とはいえ、無理やり片づけを押し付けるわけにはいきません。
「生きているうちに自分で片づけてよ」という思いは、子供の勝手な
言い分です。親の残したものを片づけるのは子どもの義務。
そのくらいの気持ちでいたほうがいいと思います。

→ http://www.arias.co.jp/news/2017/014.html

◆地方創生とシニア:地方の大学で、シニア世代に「もう一度」学問を

18〜20歳の入学年齢の若者人口が年々減っているため、大学では入学者の
奪い合いになっています。そこで、始まったのがシニア世代の積極的な
受け入れ。なにしろ、日本には65歳から69歳の人口は15歳から19歳の
約1.7倍もあるのですから。

とはいえ、この傾向、今に始まったことではありません。団塊世代の
60歳定年で騒がれた2007年頃には、もっとたくさんの大学がシニア学生
獲得に力を入れました。しかし、その後は・・・。
実質65歳まで働くという制度が定着し、思惑が外れたこともあります。

しかし、その団塊世代は65歳を超え、70歳に近づきつつあります。
もう一度、大学もシニアも動き出すでしょうか。

→ http://www.arias.co.jp/news/2017/013.html

◆週刊朝日の特集「高齢者は75歳 老後が消える?」にコメント

週刊朝日「高齢者は75歳の衝撃 死ぬまで現役は幸せか?」に
コメントしました。

日本老年学会が「高齢者を75歳以上とする」という提言をしたことで、
メディアが一斉に取り上げました。すると、年金支給年齢を75歳に
引き上げるためではないか、などという憶測も生まれました。

現在の基準の65歳を一気に10歳も延ばそうというのですから、
少し無理だったのかもしれません。
つい最近までは、75歳以上を後期高齢者といっていましたしね。

確かに、シニア世代は一般に体力も気力も健康度も昔に比べて若く
なっています。しかし、本人たちの意思とは関係なく、ゴールが勝手に
先に動かされたような気がするのは私だけでしょうか。
これに見合った社会の仕組みは追いついてくるのでしょうか。

→ http://www.arias.co.jp/news/2017/009.html

◆3月は新潟・燕三条市や福島・須賀川市などで講座を担当します

2月は、東京都品川区シルバー大学、広島県三原市、埼玉県北本シルバー
人材センター、東京都中央区で、地域デビュー講座を担当しました。

三原市では、会場いっぱいに60名もの方々が参加。ワークショップや
参加者同士の交流も交えた内容で、2時間半はあっという間でした。

講座やセミナーでの楽しみは、受講する皆さんと出会えること、
その地域特有の歴史を知り、名物のあれこれを味わえることです。

3月は新潟・燕三条市や福島・須賀川市などで担当します。
→ http://www.arias.co.jp/news/2017/002.html

◆Ryoma21情報:ミュージカルや演劇がお得!優待チケットの「Rチケ」

ミュージカルや演劇、音楽会の優待チケットを紹介している「Rチケ」。
「Ryoma21チケット」の略です。ホリプロ、松竹、映画配給会社などからの
お得チケットや無料試写会を、先方から提供がある都度、紹介しています。
利用は会員だけでなく、ご家族やお友達も可能です。

現在の提供中なのは、舞台をローマから江戸へと移したブロードウェイ・
ミュージカル『コメディ・トゥナイト!』。演出は宮本亜門、出演は
片岡愛之助。料金はかなりお得です。優待価格や詳しい内容はこちらで。

→ http://www.ryoma21.jp/message/news/past/news129.html

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜編集後記〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

◆この発想に驚き!ミニチュアカレンダー

メールをチェックしていて、とてもユニークで素敵なネット上の
カレンダーを見つけました。まずは、見てください。

→ http://miniature-calendar.com/

身の回りにある家具や道具を組み合わせて、まったく新しい世界が生まれて
います。どうして、こんな発想ができるのでしょう!
2月25日のコーヒーカップ、秀逸です。毎日、今日は何かなと楽しみ。
ホームページやSNAで毎日更新しているとか。その継続力にも脱帽。

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=--=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
◆このメールマガジンのバックナンバー
 http://www.arias.co.jp/mailmaga/back.html
◆購読申し込みや登録情報の変更、解除は
アリア → http://www.arias.co.jp/mailmaga/index.html
まぐまぐ→ http://www.mag2.com/m/0000270590.html
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=--=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
有限会社アリア 代表取締役 松本すみこ
〒104-0061 東京都中央区銀座6-6-1 銀座風月堂ビル
Tel:03-5537-7130  FAX:03-5537-5281
発行日:2017月3月2日
◆アリア「おとなの時代」  http://www.arias.co.jp/
◆ジモトのココロ「シニア世代と地方再生」
 http://www.arias.co.jp/news/2016/014.html
◆NPO法人シニアわーくすRyoma21  http://www.ryoma21.jp
◆松本すみこの団塊消費動向研究所
 http://www.arias.co.jp/news/2009/004.html
◆団塊世代のための定年準備講座
 http://www.arias.co.jp/news/2009/027_3.html
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=--=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

アリア ロゴ 有限会社アリア
東京都中央区銀座6-6-1 銀座風月堂ビル5F 
TEL: 03-5537-7130 FAX:03-3430-1341 e-mail:info*arias.co.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスに工夫をしています。「*」を@に変更して送ってください。
 
 
copylight 2004-2008 arias All rights reserved.