アクティブシニアのWEB情報誌 おとなの時代 Presented By Sumiko Matsumoto
  メニュー
  → おとなの時代HOME
  → 現代シニア考
    J'sシニア
    ライフスタイル「ありさ」
  → 松本すみ子の活動
    NPO法人シニアわーくすRyoma21
    nikkeibp.jp「松本すみ子の
   団塊消費動向研究所」
    日経BP「セカンドステージ」
    ├ 団塊世代のための定年準備講座
    ├ 充実生活みつけた
    ├ 本当にやりたい仕事って何
    セミナー・講演・マスコミ登場
  → きくちゃん19階のギャラリー
  → 松本すみ子の本と本棚
  → おすすめWebサイト
  → メールマガジン(購読受付中)
  → アリア会社案内
    会社概要
    シニア世代サポート事業
    ライフ&キャリア相談室
    活動の実績
    広報支援・パンフレット/Web制作
    プレスリリース
    プライバシー・ポリシー
  → ブログ「おとなの時代」はこちら
     
   
     
   
     
    諸兄、ゲームやろうぜ バナー
     
   
オールアバウトジャパン バナー
その道のプロが、あなたをガイド
2005年3月までのAll About「シニアライフ」はアリア・松本が担当しました。
 
     
     
     
     
     
     
     
     
メールマガジン
   
 
 

メールマガジン「おとなの時代」のバックナンバーです。
削除や登録は、こちらで。

 「おとなの時代」第18号 2008年12月2日発行 

  〜ヤング@ハートとシャインアライブ〜


 
 
   
 

アリアの松本すみ子です。

12月ですね。
アリアのWebサイト「おとなの時代」もクリスマス・バージョンに
なりました。よかったら、見に来てください。URLは↓です

〜〜〔今月の目次〕 アリア「おとなの時代」http://www.arias.co.jp/ 〜〜

【今月の視点】 「ヤング@ハート」と「シャイン・ア・ライト」
【最新ニュース】
・『日経マネー』の「定年後の殖やし方、稼ぎ方」にコメントしました
・雑誌の廃刊相次ぐ。小学館「駱駝」も40・50代ビジネスマン向けに
・Ryoma21情報:大人のためのテレビゲーム講座を開催しませんか?
【松本すみ子の最新連載一挙紹介!】
【編集後記】 ダイアリーが重い...

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜今月の視点〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

◆「ヤング@ハート」と「シャイン・ア・ライト」

「ヤング@ハート」というドキュメンタリー映画を見てきました。
主人公はヤングどころか、平均年齢80歳という正真正銘のオールド。
ところが、このオールドたち、実は「世界一いかしたロックンロール・
コーラス隊」なのです。

メンバーはマサチューセッツ州にある高齢者住宅に住む住民。
その歌唱力とパフォーマンスが話題となり、各地のステージに立つように
なります。映画は、主に、その練習風景を紹介しています。

取り上げる楽曲は、ジミヘンやデビッド・ボウイ、プリンス、
ジェームス・ブラウンなどと、決して甘い選曲ではありません。

とはいえ、やはり、お年寄り。
新しい歌詞はなかなか覚えられず、舌は回らず、リズムにも乗り切れず。
最初は指導者も頭を抱えるほど。

さらに、大切な仲間の何人かが天国に召されていきます。
仲間の死を受け入れつつ、歌い続けるメンバー。
そして、最後の感動的なステージにつながるのです。

楽しくて、微笑ましくて、ちょっと泣ける映画です。
10年ほど前に見た、キューバの老ラテン・ミュージシャンたちを紹介した
映画「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」に通じるものがありました。

ヤング@ハート → http://youngatheart.jp/index.html

そして、ロックといえば、私たちの世代には「ローリングストーンズ」。
マーティン・スコセッシが彼らのライブを撮った「シャイン・ア・ライト」
が12月5日から上映されます。

武道館の来日公演で見たミックジャガーは、本当にカッコよかった!
でも、遠くて、豆粒ほどにしかみえなかった...
なので、今回も、何を置いても見に行きます!

シャイン・ア・ライト → http://www.shinealight-movie.jp/

◆『日経マネー』の「定年後の殖やし方、稼ぎ方」にコメントしました

『日経マネー』2009年1月号の「リタイア族に学ぶ 定年後の殖やし方、
稼ぎ方」にコメントしました。掲載頁は「60歳からの“ハローワーク”」。
企画構成に必要な情報も提供しました。

→ http://www.arias.co.jp/news/2008/033.html

◆雑誌の廃刊相次ぐ。小学館「駱駝」も40・50代向けに

雑誌の廃刊が相次いでいます。たとえば、月刊現代、PLAYBOY日本版、
主婦の友、ROADSHOW、ダカーポ、二キータ、GRACE、LAPITA。
今週は、とうとう読売ウィークリーも廃刊。

そして、団塊世代をいち早く意識して創刊された小学館の「駱駝」も
「プラチナサライ」と名前を変え、40〜50代のビジネスマン向けの
雑誌となってしまいました。

創刊時の「豊かな時間を有意義に前向きに活用する術を提案する、
我が国初のハッピー・リタイアメントを応援する雑誌です」
という意気込みも空振りに終わったようです。

そもそも団塊世代は、いわゆるハッピー・リタイアメントにはあまり関心
がないようで、引き続き「働く」が最大のテーマ。団塊狙いの雑誌が、
一時期、たくさん創刊されましたが、そうした気持ちをつかんでいたか
どうかが問題です。

というようなことを書いてみたのが、『松本すみ子の団塊消費動向研究所』
の「加熱した団塊ブームに足りなかったものは」。
お時間があれば、読んでみてください。

→ http://www.nikkeibp.co.jp/style/biz/feature/dankai/080910_market/

◆Ryoma21情報:大人のためのテレビゲーム講座を開催しませんか?

いまや家族や仲間と楽しむコミニュケーション・ツールとして、身近に
なったテレビゲーム。企業のお客様サービスイベントのひとつとして、
公民館などの生涯学習講座の一環として、NPO法人Ryoma21が進めている
「諸兄、ゲームやろうぜ!」を採用していただく機会が増えました。

ソニー・コンピュータエンタテインメントの協力をいただいて、Ryoma21が
2005年から進めているものです。

先日、東京で開催されたゲームショーでも、講座で使っているPSPや
PS3は大人気。そのPlaystationを使って、あなたのお住まいの地域で、
講座を開催できます。
機材や講師は、すべてこちらで手配しますので、費用はかかりません。
会場と参加者を集めていただければ、OK!

「諸兄、ゲームやろうぜ!」のHPに、開催条件などをわかりやすく
掲載しました。興味があれば、ぜひ、お問い合わせください。

→ http://www.ryoma21.jp/syokei/request/index.html

〜〜〜〜〜〜〜〜【松本すみ子の最新連載一挙紹介!】〜〜〜〜〜〜〜〜

◆連載「団塊消費動向研究所」最新記事
忘れられがちな“親思いビジネス” 〜老親のために今できること
→ http://www.arias.co.jp/news/2008/004.html

◆連載「団塊世代のための定年準備講座」最新記事
雇われない生き方<4>  〜起業に役立つ公的支援策
→ http://www.arias.co.jp/news/2008/027_3.html

◆日経BPセカンドステージ「充実生活みつけた」最新記事
記念日は空を舞おう<飛行船の巻>
?  〜空を泳ぐクジラに乗って、東京を鳥瞰する
→ http://www.arias.co.jp/news/2008/027_1.html

◆日経BPセカンドステージ「やりたい仕事って何」最新記事
金沢文庫のコーヒー党が集まる「珈琲の木」<1>
〜33年間勤めた会社を定年前に辞めて開業
→ http://www.arias.co.jp/news/2008/027_2.html

◆日経BPセカンドステージ「著者に聞く」最新記事
いつか直面する老親介護 その時慌てないために<その1>
〜介護が原因で離婚も、自身の生活とどうバランスするか
→ http://www.arias.co.jp/news/2008/027_4.html

◆今後の講演とセミナーの予定
→ http://www.arias.co.jp/news/2008/005.html

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
【編集後記】ダイアリーが重い...

書店や文具店で、手帳やダイアリーが目に付く季節です。
私は、6年前くらいに買った赤い皮のダイアリーを愛用しています。
毎年、中のカレンダーやメモの部分を取り替えるだけ。
皮が年月を経て、とてもいい感じになってきました。

私用・公用なんでも、これに書き込みますし、気になる記事などは
切り抜いて、間に挟んでおきます。B5版で大きさも手ごろ。
これがないと不安というくらい、私の秘書的な役目を果たしている
ダイアリー。

でも、最近、これすら重いなあ...と思うようになってきたのです。
いらないものを沢山はさんでおくのも悪いのですが。
ダイアリーに限らず、ハンドバックもパソコンも、書類も重いなあ
と思うようになってきたこの頃。
年相応に体力が衰えているのかもしれません。

それとも、余分なしがらみは捨てて、もう身軽になったら? 
という神の啓示かも。軽い手帳にしようか、今までのダイアリーを
そのまま使うべきか。手帳売り場の前で迷っています。

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=--=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

◆このメールマガジンのバックナンバー
→ http://www.arias.co.jp/mailmaga/back.html

まぐまぐでの配信も始めました。下のどちらのページからでも
購読の申し込みや取り消しができます。
アリア → http://www.arias.co.jp/mailmaga/index.html
まぐまぐ→ http://www.mag2.com/m/0000270590.html

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=--=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
有限会社アリア 代表取締役 松本すみ子 
発行日:2008年12月2日
〒104-0061 東京都中央区銀座6-6-1 銀座風月堂ビル
Tel:5537-7130  FAX:020-4669-9810
◆アリア「おとなの時代」  http://www.arias.co.jp/
◆NPO法人シニアわーくすRyoma21  http://www.ryoma21.jp
◆おとなのためのテレビゲーム講座「諸兄、ゲームやろうぜ!」
http://www.ryoma21.jp/syokei/index.html
◆松本すみ子の団塊消費動向研究所
http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20080923/100458/
◆団塊世代のための定年準備講座
http://www.nikkeibp.co.jp/style/secondstage/jinsei/teinen/
◆アリアプロデュース・日経BP「セカンドステージ」
http://www.nikkeibp.co.jp/style/secondstage/
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=--=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

   
 
   
 
アリア ロゴ 有限会社アリア
東京都中央区銀座6-6-1 銀座風月堂ビル5F 
TEL: 03-5537-7130 FAX:03-3430-1341 e-mail:info*arias.co.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスに工夫をしています。「*」を@に変更して送ってください。
   

copylight 2004-2008 arias All rights reserved.