アクティブシニアのWEB情報誌 おとなの時代 Presented By Sumiko Matsumoto
  メニュー
  → おとなの時代HOME
  → 現代シニア考
    J'sシニア
    ライフスタイル「ありさ」
  → 松本すみ子の活動
    NPO法人シニアわーくすRyoma21
    nikkeibp.jp「松本すみ子の
   団塊消費動向研究所」
    日経BP「セカンドステージ」
    ├ 団塊世代のための定年準備講座
    ├ 充実生活みつけた
    ├ 本当にやりたい仕事って何
    セミナー・講演・マスコミ登場
  → きくちゃん19階のギャラリー
  → 松本すみ子の本と本棚
  → おすすめWebサイト
  → メールマガジン(購読受付中)
  → アリア会社案内
    会社概要
    シニア世代サポート事業
    ライフ&キャリア相談室
    活動の実績
    広報支援・パンフレット/Web制作
    プレスリリース
    プライバシー・ポリシー
  → ブログ「おとなの時代」はこちら
     
   
     
   
     
    諸兄、ゲームやろうぜ バナー
     
   
オールアバウトジャパン バナー
その道のプロが、あなたをガイド
2005年3月までのAll About「シニアライフ」はアリア・松本が担当しました。
 
     
     
     
     
     
     
     
     
メールマガジン
   
 
 

メールマガジン「おとなの時代」のバックナンバーです。
削除や登録は、こちらで。

 「おとなの時代」第2号
  インディペンデント・コントラクター的働き方
      2006年10月8日発行

 
 
   
 

アリアの松本すみ子です。こんにちは。

  *このメールは、公私共にお付き合いただいている方々、お会いして名刺交換を
   させていただいた方々にお送りしています。

金曜日はひどい嵐でした。まるで、台風のよう。

嵐が去った後、目に付いたのはたくさんの捨てられた傘。道路の隅、植木の下、地
下鉄の階段。バラバラ状態になっているものあり、一部が折れているものあり。
2・3本まとめて捨てられているところもありました。

強風で壊れてしまったので、邪魔になって捨てていったんですね、きっと。
それにしても...。どこかのコマーシャルではないけれど、リサイクルが叫ばれる
この時代、いつまで傘は捨てられるんでしょう。

先日、NHKのドキュメンタリー番組で、傘職人の女性が紹介されていました。彼女
のところには、全国から傘にしてほしいという布や着物が持ち込まれます。大事に
していた布を捨てる気にはとてもなれず、それなら傘にして愛用したいと考える人
から注文が舞い込むのです。「半年くらい待っていただかないとお届けできないん
です」と、70歳に近い職人さんは申しわけなさそうに言いました。

30分もさしただけで捨てられる傘。思い出と共によみがえり大事にされる傘。傘の
運命も人間に劣らず、いろいろなようです。

さて、今回の近況報告です。

【9月の活動】

◆日本でもインディペンデント・コントラクター的働き方が増加?

アメリカでは、「インディペンデント・コントラクター(IC)」と呼ばれる人た
ちが増えているそうです。どこにも属さず、自分の高い専門性を生かし、複数の会
社と請負契約を結んで、一人で事業を展開している人のことです。

  形態としては、フリーランスやSOHOに似ていますが、大きく違うのは、業務の一
端を請け負うだけでなく、経営企画、マーケティング、新規事業開発、営業企画な
ど、まさに、会社の中枢にかかわる部分を担当すること。

  以前、日経BPセカンドステージで「有限会社新規事業開発」という会社を立ち
上げた肝付博昭さんを紹介したことがありました。彼の仕事は社名の通り、まさに
ICでした。

  同じセカンドステージに今月、「66歳の挑戦! 中国語習得奮戦記」を掲載しま
したが、ここに登場した井染靖夫さんも、技術の腕一本を武器に、企業と契約して
66歳になるまで働き続けてきた方でした。インタビュー中、前に取材した肝付さん
を思い出し、日本にも、こういう人は、いつの間にか増えていたのだなあと思った
ものです。

  実は、知り合いの団塊世代の中には、早期退職して、IC的働き方をしている人
が何人かいます。情報システムの開発や運営のサポートを請け負っている人。いく
つかの企業から広報サポートを引き受けて、広報戦略やプランを練って、活動して
いる人。

彼らの口から、「インディペンデント・コントラクター」という言葉は出ませんが、
言葉はどうあれ、日本でも、自然に生まれていたということでしょう。

今後、団塊世代が定年を迎えます。「まだ働きたい、でも、もう宮仕えはいや」と
いう人、アルバイトやパート、派遣でなく、もう少し専門性を生かして働きたいと
いう人には、理想的なスタイルかもしれません。そんな人材を受け入れてくれる企
業が増えるといいですね。

  でも、この仕事は実力次第。やっぱりきついでしょう。その覚悟は必要です。

  66歳の挑戦! 中国語習得奮戦記
   →http://www.nikkeibp.co.jp/style/secondstage/jinsei/yaritai_061003.html

  異色の営業スタイルを武器に、一人で起業
   →http://www.nikkeibp.co.jp/style/secondstage/jinsei/yaritai_050720.html

◆リロクラブ「ふろむな倶楽部」にカウンセリングサービスを提供

  企業への福利厚生サービスを提供しているリロクラブ。その中でも、シニア世代
に向けて展開している「ふろむな倶楽部」は、今年、「ふろむなand」、「ふろむな
next」というサービスを始めました。

  このほど、アリアと、NPO法人おとなの暮らしと仕事研究所の「カウンセリン
グルーム創そう」は共同して、「ふろむなand」に相談サービスを提供することにな
りました。提供しているのは、“ライフ&キャリア相談”のコーナー。職場や地域
での人間関係、定年をひかえた方の喪失感や将来への不安などに関して、資格
と経験のあるNPOメンバーが交代でご相談を受けています。

  相談方法は、面談と電話。ただ、このサービスは、リロクラブの会員企業の社員
と、「ふろむなand」の会員向けなので、一般の方は受けることができません。
すみません!

ということで、NPOでも同じようなしくみで、ご相談をお受けしています。ご利
用ください。一人で悩まないで早めに相談することが、悩みを大きくしない方法で
すよ。

  カウンセリングルーム創そう相談コーナー
  → http://www.ryoma21.jp/index6.html

  リロクラブ「ふろむなand」
  → http://fromnow.relo.jp/and06/l_career_01.html

◆読売新聞記事「話術を磨く」にコメント
  → http://www.arias.co.jp/news/2006/031.html

◆産経新聞とTBS「ブロードキャスター」が
    NPOのPSシニアインストラクター活動を紹介
  → http://www.ryoma21.jp/syokei/media/index.html

◆連載「団塊消費動向研究所」
  最新記事:団塊世代の音楽事情(1)(2) 〜ビートルズから40年

  → http://www.nikkeibp.co.jp/style/biz/feature/dankai/060913_ongaku1/
    http://www.nikkeibp.co.jp/style/biz/feature/dankai/060928_ongaku2/

◆日経BP団塊/シニアサイト「セカンドステージ」
  充実生活最新記事:陶芸はなくてはならない心の支え(1)(2)
    〜定年は両親の介護で始まった〜

  → http://www.nikkeibp.co.jp/style/secondstage/jinsei/jyujitu_060828.html
    http://www.nikkeibp.co.jp/style/secondstage/jinsei/jyujitu_060911.html

  やりたい仕事最新記事:昆虫少年が見続けた夢(1)(2)
    〜虫の詩人の館 ファーブル昆虫館をつくる

  → http://www.nikkeibp.co.jp/style/secondstage/jinsei/yaritai_060905.html
    http://www.nikkeibp.co.jp/style/secondstage/jinsei/yaritai_060912.html

◆団塊世代のための定年準備講座(1)(2)
  最新記事:セカンドライフの住まいをどうする? 思い切って、住み替え?

  → http://www.nikkeibp.co.jp/style/secondstage/jinsei/teinen_060919.html
    http://www.nikkeibp.co.jp/style/secondstage/jinsei/teinen_060926.html

◆こんなの「ありさ」:泊まって、津軽の秋を体験。りんご狩も
  → http://www.arias.co.jp/arisa/2006/030.html

では、また、来月の今日あたりにお会いしましょう。

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=--=-=-=-=-=-=-=-=-=-
有限会社アリア 代表取締役 松本すみ子
         sumikoma@arias.co.jp
〒104-0061 東京都中央区銀座6-6-1 銀座風月堂ビル
   Tel:5537-7130 FAX:020-4669-9810
 
◇アリア提供「おとなの時代」
   http://www.arias.co.jp/
◇NPO法人「おとなの暮らしと仕事研究所」
   http://www.ryoma21.jp
◇nikkeibp.jp『団塊消費動向研究所』
   http://www.nikkeibp.co.jp/style/biz/feature/dankai/index.html
◇団塊世代のための定年準備講座
   http://www.nikkeibp.co.jp/style/secondstage/jinsei/teinen/
◇アリアプロデュース・日経BP「セカンドステージ」
   http://www.nikkeibp.co.jp/style/secondstage/
◇朝日新聞アスパラクラブ「おいしいアミューズメント」
   http://aspara.asahi.com/
-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=--=-=-=-=-=-=-=



   
 
   
 
アリア ロゴ 有限会社アリア
東京都中央区銀座6-6-1 銀座風月堂ビル5F 
TEL: 03-5537-7130 FAX:03-3430-1341 e-mail:info*arias.co.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスに工夫をしています。「*」を@に変更して送ってください。
   

copylight 2004-2008 arias All rights reserved.