アクティブシニアのWEB情報誌 おとなの時代 Presented By Sumiko Matsumoto
  メニュー
  → おとなの時代HOME
  → 現代シニア考
    J'sシニア
    ライフスタイル「ありさ」
  → 松本すみ子の活動
    NPO法人シニアわーくすRyoma21
    nikkeibp.jp「松本すみ子の
   団塊消費動向研究所」
    日経BP「セカンドステージ」
    ├ 団塊世代のための定年準備講座
    ├ 充実生活みつけた
    ├ 本当にやりたい仕事って何
    セミナー・講演・マスコミ登場
  → きくちゃん19階のギャラリー
  → 松本すみ子の本と本棚
  → おすすめWebサイト
  → メールマガジン(購読受付中)
  → アリア会社案内
    会社概要
    シニア世代サポート事業
    ライフ&キャリア相談室
    活動の実績
    広報支援・パンフレット/Web制作
    プレスリリース
    プライバシー・ポリシー
  → ブログ「おとなの時代」はこちら
     
   
     
   
     
    諸兄、ゲームやろうぜ バナー
     
   
オールアバウトジャパン バナー
その道のプロが、あなたをガイド
2005年3月までのAll About「シニアライフ」はアリア・松本が担当しました。
 
     
     
     
     
     
     
     
     
メールマガジン
   
 
 

メールマガジン「おとなの時代」のバックナンバーです。
購読や中止は、こちらで。

 「おとなの時代」第23号 2009年5月16日発行 

  セカンドライフ・ドラマ


 
 
   
 

アリアの松本すみ子です。

5月11日、アリアは会社設立10年目に入りました。
これも皆様のご支援の賜と感謝申し上げます。

10年前の今頃、不安と期待を抱きつつ、試行錯誤、暗中模索、ぶつかったり、
沈みそうなったり。振り返ればいろいろなことがありました。
よくぞ、ここまで来たもの。なにはともあれ、しばし、自分で自分を誉めて
上げることにしましょう。

これからも、末永くお付き合いのほどよろしくお願いいたします。

〜〜〔今月の目次〕 アリア「おとなの時代」http://www.arias.co.jp/ 〜〜

【今月の視点】 セカンドライフ・ドラマ
【最新ニュース】
 ・『月刊ベンチャーリンク』の「家事代行サービス」にコメント
 ・京都総合経済研究所『FINANCIAL FORUM』の連載10回に林望さん登場
 ・国立音楽大学附属中高校と湯沢温泉旅館組合のサイトを担当しました
 ・Ryoma21情報:パソコンサークル「さくさく」始動!
【松本すみ子の最新連載と講演一挙紹介】
【編集後記】 ポイントがポイントです!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜今月の視点〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

◆セカンドライフ・ドラマ

テレビでも映画でも、中高年世代が主役になると、どうしても、セカンド
ステージでの生き方みたいなストーリーになってしまい、重たくて
楽しめないな、などと私は思っていました。

ところが、最近、立て続けに2本、そんなセカンドライフ・ドラマを
鑑賞する機会がありました。
ひとつは『60歳のラブレター』。もうひとつは『降りてゆく生き方』。

どちらも、それぞれに楽しめる映画でした。
『60歳のラブレター』はご存知のように、住友信託銀行が募集した
夫婦の手紙を元にした映画。夫婦の愛を謳いあげる目的だから、
ストーリーはすべてハッピーエンドです。

夫婦で見に行くと、奥さんは感激するでしょう。ご主人はちょっと
照れくさいかもしれません。でも、夫婦でしばし暖かい気持ちに
なれるかも。たまには、そういう気分もいいのではないでしょうか。

『降りてゆく生き方』は自主制作の映画です。一般の映画館では上映せず、
市民団体などに上映してもらう方式を取っています。とはいえ、動員数は
結構すごくて、私が見に行った回は1500人以上の観客を集めていました。

「降りていく」とは、つまり、もう右肩上がりの人生ではなくてもいいのだ
という意味です。現役を退いた後の主人公の変化をうまく表現していました。

製作を担当した方々にインタビューをして来ましたので、6月頃には
日経BPセカンドステージに掲載の予定です。お楽しみに。

これから、こうしたセカンドライフ・ドラマがたくさん生まれる
のでしょうか。なにしろ、該当する観客は確実にいますので。

ここではストーリーまでご紹介することができないのが残念です。
どちらも、最近書いた映画に関するコラムでも少し紹介していますので、
ご覧ください。

→ http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20090513/152157/?P=3

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜最新ニュース〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

◆『月刊ベンチャーリンク』の「家事代行サービス」にコメント掲載

経営情報誌『月刊ベンチャーリンク』5月号の「伸びる!家事代行サービス」
に、松本のコメントが掲載されました。
これからの家事サービスの有望ユーザーはシニア。それも、一人暮らし
男性の利用が増えるのではないかと思っています。

奥さんがいるから大丈夫って? その油断が命取り。長寿の時代、
先に逝くのが男性とは限りません。シニアの独身男性も増えています。

そんな時、家事代行サービスの利用は、別に悪いことではありません。
使えるものは使って、身軽で気楽な人生を送ったほうがいいのです。

→ http://www.arias.co.jp/news/2009/016.html

◆京都総合経済研究所『FINANCIAL FORUM』の連載10回に林望さん登場

京都総合経済研究所発行の『FINANCIAL FORUM』のコラム欄
「はつらつセカンドステージ」の連載が10回になりました。
10回目に登場していただいたのは、リンボウ先生でおなじみの
エッセイスト・林望さん。

林さんも団塊の世代です。同じ世代だから、団塊の状況はよくご存知。
仲間たちのセカンドライフへの取り組みに対して、辛口のアドバイスを
してくださいました。

→ http://www.arias.co.jp/news/2009/017.html

◆国立音楽大学附属中高校と湯沢温泉旅館組合のサイトを担当しました

アリアの主な事業は団塊/シニア世代に関することですが、
実は創業当時から広報・販促という仕事をもうひとつの柱にしています。
会社案内などの印刷物やホームページ作りのお手伝いをすることも。

この4・5月は、二つのWebサイトがリニューアルしました。
ひとつは、国立音楽大学附属中高校のサイト。
今年は、創立60周年の記念の年だそうです。

音楽関係に進みたいというお子さんやお孫さんをお持ちの方は、
ご注目ください。
→ http://www.arias.co.jp/news/2009/018.html

もうひとつは、越後の湯沢温泉旅館組合。
ご存知、川端康成の小説『雪国』の冒頭にくる「トンネルを抜ける
と雪国だった」で有名な温泉です。スキー場としても名高い湯沢ですが、
ほかの季節も、豊かな自然と地場の味を堪能することができます。

サイトでは16件の旅館・ホテルがそれぞれに、温泉と施設やお料理を
ご紹介しています。もちろん、予約も可能です。
→ http://www.arias.co.jp/news/2009/019.html

温泉といえば、シニアの存在は欠かせません。その年代の方々にも
喜んでもらえるようなおもてなしを心がけているとか。アリアも、
それを効果的にアピールできるサイトづくりに協力してまいります。

◆Ryoma21情報:パソコンサークル「さくさく」始動!

今年、新しく活動を開始したサークルです。リーダーの岩田さんは、
「さくさく」という名称には、「みんなと一緒にサクサクとパソコンを
使いこなせるようになりたいという思いを込めました」と言っています。

早速、6月13日(土)、銀座・Ryoma21会議室でパソコン講座を開催。
この講座の特徴は、普通の講座のように、一から教わるのではなくて、
各自が分からないことを持ち寄り、そこを重点的に教えてもらえること。

そういう意味では、まったく使えない初心者向きではありませんが、
即、問題解決が図れます。
NPO会員でなくても参加できますが、会員なら参加費がお得です。

パソコンサークル「さくさく」ブログ → http://sakusaku.ryoma21.jp/
NPO法人Ryoma21トップ → http://www.ryoma21.jp/

〜〜〜〜〜〜〜〜【松本すみ子の最新連載一挙紹介!】〜〜〜〜〜〜〜〜

◆連載「団塊消費動向研究所」最新記事
 見せたい映画より、見たい映画の提供を 〜有望な娯楽「映画」〜
 → http://www.arias.co.jp/news/2009/004.html

◆連載「団塊世代のための定年準備講座」最新記事
 雇われない生き方<14> 〜創業支援施設の活用〜
 → http://www.arias.co.jp/news/2009/027_3.html

◆日経BPセカンドステージ「充実生活みつけた」最新記事
 お父さんお帰りなさいパーティー in 八王子<1>  
  〜地域への新たな門出にエール〜
 → http://www.arias.co.jp/news/2009/027_1.html

◆日経BPセカンドステージ「やりたい仕事って何」最新記事
 自然に帰る葬送をビジネスに<1> 
 〜自分の死後を思い、発想が生まれた〜
 → http://www.arias.co.jp/news/2009/027_2.html

◆日経BPセカンドステージ「著者に聞く」最新記事
 資産運用アドバイザーが提案する老後の資金計画<1>
 〜「こんなはずじゃなかった!」にならないために〜
 → http://www.arias.co.jp/news/2009/027_4.html

◆今後の講演とセミナーの予定
 最新の担当講座は5月28日のニコンさんですが、これは社員の方だけ。
 30日にはまつど市民サポートセンターでの講座があります。
 → http://www.arias.co.jp/news/2009/005.html

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

【編集後記】ポイントがポイントです!

5月15日、エコポイント制度が始まりましたね。
私も、この機会に、大型液晶テレビに買い換えようかなと思っています。
でも、そのポイントは何に使えるのでしょう。まだ、わからないですね。
できたら、新型ウォークマンかiPodを買いたいなと。

ポイント制度といえば、東京都杉並区は9月から、65歳以上の人を対象に、
地域でボランティアや文化・スポーツ活動をすれば、商品券などと交換
できるポイント制度を始めるそうです。

こうしてみると、ポイントはりっぱな通貨。
今年の商戦はポイントがポイントかもしれません。

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=--=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

◆このメールマガジンのバックナンバー
→ http://www.arias.co.jp/mailmaga/back.html

まぐまぐでの配信も始めました。下のどちらのページからでも
購読の申し込みや取り消しができます。
アリア → http://www.arias.co.jp/mailmaga/index.html
まぐまぐ→ http://www.mag2.com/m/0000270590.html

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=--=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
有限会社アリア 代表取締役 松本すみ子 
発行日:2009年5月16日
〒104-0061 東京都中央区銀座6-6-1 銀座風月堂ビル
Tel:5537-7130  FAX:020-4669-9810
◆アリア「おとなの時代」  http://www.arias.co.jp/
◆NPO法人シニアわーくすRyoma21  http://www.ryoma21.jp
◆おとなのためのテレビゲーム研究会
http://www.ryoma21.jp/syokei/index.html
◆松本すみ子の団塊消費動向研究所
http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20080923/100458/
◆団塊世代のための定年準備講座
http://www.nikkeibp.co.jp/style/secondstage/jinsei/teinen/
◆アリアプロデュース・日経BP「セカンドステージ」
http://www.nikkeibp.co.jp/style/secondstage/
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=--=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-


   
 
   
 
アリア ロゴ 有限会社アリア
東京都中央区銀座6-6-1 銀座風月堂ビル5F 
TEL: 03-5537-7130 FAX:03-3430-1341 e-mail:info*arias.co.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスに工夫をしています。「*」を@に変更して送ってください。
   

copylight 2004-2008 arias All rights reserved.