アクティブシニアのWEB情報誌 おとなの時代 Presented By Sumiko Matsumoto
  メニュー
  → おとなの時代HOME
  → 現代シニア考
    J'sシニア
    ライフスタイル「ありさ」
  → 松本すみ子の活動
    NPO法人シニアわーくすRyoma21
    nikkeibp.jp「松本すみ子の
   団塊消費動向研究所」
    日経BP「セカンドステージ」
    ├ 団塊世代のための定年準備講座
    ├ 充実生活みつけた
    ├ 本当にやりたい仕事って何
    セミナー・講演・マスコミ登場
  → きくちゃん19階のギャラリー
  → 松本すみ子の本と本棚
  → おすすめWebサイト
  → メールマガジン(購読受付中)
  → アリア会社案内
    会社概要
    シニア世代サポート事業
    ライフ&キャリア相談室
    活動の実績
    広報支援・パンフレット/Web制作
    プレスリリース
    プライバシー・ポリシー
  → ブログ「おとなの時代」はこちら
     
   
     
   
     
    諸兄、ゲームやろうぜ バナー
     
   
オールアバウトジャパン バナー
その道のプロが、あなたをガイド
2005年3月までのAll About「シニアライフ」はアリア・松本が担当しました。
 
     
     
     
     
     
     
     
     
メールマガジン
   
 
 

メールマガジン「おとなの時代」のバックナンバーです。
購読や中止は、こちらで。

 「おとなの時代」第24号 2009年6月15日発行 

  無料でソフトがもらえる?


 
 
   
 

アリアの松本すみ子です。

先日、リタイア後の地域活動に関するセミナーの講師を担当した時のこと。
一人の男性が近づいてきて、「私を覚えていませんか」と言うのです。

はて?と思いながらも言葉を交わしているうちに、大学時代のサークル
仲間だったということがわかりました。その人は、今日の講師の名前を見て、
むかし知っていた人と同じ名前だなあくらいに思っていたそうです。
ところが会場に来てみると「やっぱり」。そして、声をかけてくれたのです。

そのサークルはすぐに抜けてしまったし、なにしろ30数年前のことなので、
わたしはうろ覚え。でも、お名前や雰囲気が少しずつ蘇ってきて、
「これは、これは、なつかしい!」ということになりました。

これからも、昔のご縁のあった方々に、偶然、再会する機会があるかも。
記憶が確かでなくても、許してね!

〜〜〔今月の目次〕 アリア「おとなの時代」http://www.arias.co.jp/ 〜〜

【今月の視点】 無料でソフトがもらえる?
【最新ニュース】
・リクルート『アントレnet』の「先輩たちの独立事例集に登場
・多摩丘陵の里山「フットパス」を歩いてきました!
・大人のための暮らしと仕事に役立つ情報リンク「J’sシニア」
・Ryoma21情報:「ききがきすと」作品例を掲載しました
【松本すみ子の最新記事と講演一挙紹介】
  ・かかりつけ医師の見つけ方 〜遠くの名医より、近くのお医者さん
  ・男がはじめた男のためのデイサービス
  ・中高年女性のための求職ガイダンス    などなど
【編集後記】 篠笛を吹く父と娘

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜今月の視点〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

◆無料でソフトがもらえる?

マイクロソフトが無料で、Windows VistaやOffice などを提供してくれる
そうです。といっても、対象は個人でも会社でもなく、NPO。

サイトをみると、「地域活性化支援、就労支援、環境問題をはじめ社会課題
の解決に取り組むNPO」には、「組織運営や活動基盤整備において必要となる
ソフトウェアを無償で活用することが可能となります」と書いてあります。

→ http://www.microsoft.com/japan/presspass/detail.aspx?newsid=3702

これはNPOにとっては願ってもないこと。わたしたちのNPO・Ryoma21の
パソコンサークル「さくさく」でも申請できないかと話し合っています。
パソコン教室も展開したいと思っているからです。

しかし、その前に根本的な問題があります。いかに安くなったとはいえ、
予算がないので、必要な台数を揃えられないのです。
「さくさく」は今、中古のパソコンを寄付してもらったり、個人が自分の
機器を持ち寄ったりして活動しています。

パソコンがなければ、ソフトをもらっても意味がありません。
パソコン+ソフトという形での支援はできないのでしょうか。

もうひとつ、ずうずうしいついでに言ってしまうと、場所も貸してほしい。
「さくさく」の場合は、幸いにして場所がある程度は確保できます。
しかし、パソコンとソフトが揃っていても、場所がないために十分な活動が
できないNPOも多いのです。

で、いつも思うのです。企業のりっぱな会議室や教室は、土日はほとんど
使ってませんよね。それを貸し出すというのはどうでしょう。
そう言うと、管理が大変だ、セキュリティの問題があるといわれるのは
分かっています。

でも、社会貢献事業として企画することはできませんか。
空いている部屋や機材を使うのは、それほど費用がかからない効果的な
社会貢献手法だと思うのです。

IT企業に勤めている頃、障害者支援団体にパソコンを寄付をしたことが
あります。そのとき、「パソコンをいただいても、使いこなせる人が
いません」と言われました。そこで、自社のインストラクターが通って
教えるパソコン講座3か月分も合わせて寄付しました。
とても喜んでもらえました。

支援策はとてもありがたいです。でも、使う人が何を求めているか、どんな
状況にあるかをもう少し考えて企画すれば、もっと魂の入った社会貢献に
なるのではないでしょうか。

そして、支援は無料ではなくていいのです。いつでも、何でも無料で
やってもらえる、ただで済むと思っているNPOは自立できません。
収益を上げる努力をして、少しでもいいから利用料を払う。
それは当然のことです。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜最新ニュース〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

◆リクルート『アントレnet』の「先輩たちの独立事例集に登場

リクルートのWebサイト『アントレnet』 の「先輩たちの独立事例集」に
登場しました。勤務先を退職し、自分の会社を設立するまでの紆余曲折も
適当に端折ってですが、掲載されてます。ちょっと恥ずかしい。
これから、独立する人に、この情報が果たしてお役に立つのやら...。

→ http://www.arias.co.jp/news/2009/020.html

◆多摩丘陵の里山「フットパス」を歩いてきました!

4月下旬、東京農業大学オープンカレッジの「里山風景ウォッチング」講座に
参加して、多摩丘陵の「野草散策と菜の花の里めぐり」を体験してきました。
セカンドステージの取材でしたが、とても楽しい散策でした。
東京の自然も捨てたものではありませんよ!

→ http://www.arias.co.jp/arisa/2009/007.html

◆大人のための暮らしと仕事に役立つ情報リンク「J’sシニア」

アリアのサイトにある「J’sシニア」というコーナーをご存知でしょうか。
団塊・シニア世代に関する動きやマーケットの情報をピックアップし、
直接リンクしているページです。

→ http://www.arias.co.jp/jsenior/2009A.html

このコーナーが一番にぎやかだったのは2006年。団塊世代の定年退職
元年の2007年に向かう頃でした。企業も団塊向けの商品や
サービスを次々と展開し、消費は団塊世代なしでは夜も日も明けぬ、
という感じでしたが、今や、数はぐっと減っています。

とはいえ、浮かれ気分でシニア市場に参入しようとした人たちは去り、
むしろ、地に足のついた活動が始まったということ。
今までになかったシニア市場の誕生はこれからのはずです。

◆Ryoma21情報:「ききがきすと」作品例を掲載しました

語り手の話にじっくり耳を傾け、その話を書きとめることによって、
語り手に代わって「その人なりの自分史」を残すお手伝いをする活動
「ききがきすと」。本格的な活動への準備が始まっています。

その第一弾として、コアメンバーによる聞き書きの事例を掲載しました。
事例は全部で5点あります。元従軍看護婦、元助産婦、満州からの引揚げ
体験など、貴重なお話をまとめてみました。

ブログは掲載日時が新しいものから上部に来るため、順番が逆に
なっています。ページの最後までスクロールしてから読んでくださいね。

→ http://kikigakist.ryoma21.jp/category/6294121-1.html

〜〜〜〜〜〜〜〜【松本すみ子の最新連載一挙紹介!】〜〜〜〜〜〜〜〜

◆連載「団塊消費動向研究所」最新記事
  かかりつけ医師の見つけ方 〜遠くの名医より、近くのお医者さん〜
  → http://www.arias.co.jp/news/2009/004.html

◆連載「団塊世代のための定年準備講座」最新記事
  定年後に楽しむミニベンチャー<2>
  → http://www.arias.co.jp/news/2009/027_3.html

◆日経BPセカンドステージ「充実生活みつけた」最新記事
  多摩丘陵・里山を歩く
  → http://www.arias.co.jp/news/2009/027_1.html

◆日経BPセカンドステージ「やりたい仕事って何」最新記事
  男がはじめた男のための介護サービス
  → http://www.arias.co.jp/news/2009/027_2.html

◆日経BPセカンドステージ「著者に聞く」最新記事
  「相続」を「争続」にしないための準備
  → http://www.arias.co.jp/news/2009/027_4.html

◆今後の講演とセミナーの予定
6月18日に、神奈川高齢期雇用就業支援コーナーで「女性のための
求職ガイダンス」セミナーの講師をします。正直いって、女性の
就職は厳しい時代ですが、チャンスに備えることは大事ですね。
→ http://www.arias.co.jp/news/2009/005.html

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

【編集後記】篠笛を吹く父と娘

お祭りのお囃子で使われる篠笛。それで、ポピュラーを演奏し、
教室を開くなど、篠笛の普及に努めているのは香川隆樹さん。
香川さんのことは、以前、セカンドステージでも紹介しました。

http://www.nikkeibp.co.jp/style/secondstage/jinsei/jyujitu_060821.html
http://www.nikkeibp.co.jp/style/secondstage/jinsei/jyujitu_060828.html

お父さんの影響を受け、娘さんも篠笛を演奏し、篠笛のための曲作りを
しています。お二人は、パリで公認の地下鉄ミュージシャンとして
演奏していたこともあるんです。

そんなお二人の演奏がYoutubで見られるようになりました。
お仕事の合間に、素朴で心やすらぐ篠笛の音色はいかがでしょう。
→ http://www.youtube.com/watch?v=xJpTR_xxgMU

香川さんの篠笛サイト「横笛飛行」
→ http://yokobuehikou.web.fc2.com/

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=--=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

◆このメールマガジンのバックナンバー
→ http://www.arias.co.jp/mailmaga/back.html

まぐまぐでの配信も始めました。下のどちらのページからでも
購読の申し込みや取り消しができます。
アリア → http://www.arias.co.jp/mailmaga/index.html
まぐまぐ→ http://www.mag2.com/m/0000270590.html

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=--=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
有限会社アリア 代表取締役 松本すみ子 
発行日:2009年6月15日
〒104-0061 東京都中央区銀座6-6-1 銀座風月堂ビル
Tel:5537-7130  FAX:020-4669-9810
◆アリア「おとなの時代」  http://www.arias.co.jp/
◆NPO法人シニアわーくすRyoma21  http://www.ryoma21.jp
◆松本すみ子の団塊消費動向研究所
 http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20080923/100458/
◆団塊世代のための定年準備講座
 http://www.nikkeibp.co.jp/style/secondstage/jinsei/teinen/
◆アリアプロデュース・日経BP「セカンドステージ」
 http://www.nikkeibp.co.jp/style/secondstage/
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=--=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-


   
 
   
 
アリア ロゴ 有限会社アリア
東京都中央区銀座6-6-1 銀座風月堂ビル5F 
TEL: 03-5537-7130 FAX:03-3430-1341 e-mail:info*arias.co.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスに工夫をしています。「*」を@に変更して送ってください。
   

copylight 2004-2008 arias All rights reserved.