アクティブシニアのWEB情報誌 おとなの時代 Presented By Sumiko Matsumoto
  メニュー
  → おとなの時代HOME
  → 現代シニア考
    J'sシニア
    ライフスタイル「ありさ」
  → 松本すみ子の活動
    NPO法人シニアわーくすRyoma21
    nikkeibp.jp「松本すみ子の
   団塊消費動向研究所」
    日経BP「セカンドステージ」
    ├ 団塊世代のための定年準備講座
    ├ 充実生活みつけた
    ├ 本当にやりたい仕事って何
    セミナー・講演・マスコミ登場
  → きくちゃん19階のギャラリー
  → 松本すみ子の本と本棚
  → おすすめWebサイト
  → メールマガジン(購読受付中)
  → アリア会社案内
    会社概要
    シニア世代サポート事業
    ライフ&キャリア相談室
    活動の実績
    広報支援・パンフレット/Web制作
    プレスリリース
    プライバシー・ポリシー
  → ブログ「おとなの時代」はこちら
     
   
     
   
     
    諸兄、ゲームやろうぜ バナー
     
   
オールアバウトジャパン バナー
その道のプロが、あなたをガイド
2005年3月までのAll About「シニアライフ」はアリア・松本が担当しました。
 
     
     
     
     
     
     
     
     
メールマガジン
   
 
 

メールマガジン「おとなの時代」のバックナンバーです。
購読や中止は、こちらで。

 「おとなの時代」第26号 2009年9月28日発行 

  シルバーウィークの本当の意味


 
 
   
 

アリアの松本すみ子です。

9月のシルバーウィークはいかがお過ごしでしたか。
思いきって楽しんだり、ゆっくりされたことと思います。

でも、私は...。
連休になったとたんに風邪を引いてしまいました。
新型インフルエンザだったら大変と、ほとんど家で過ごすことに。
外出も取りやめ、友人との約束もすべて断って、寂しい毎日。

幸いなことに、ただの風邪と判明して、ほっと安心。
連休の終わりとともに、風邪も去っていきました。
私の連休を返せ!

〜〜〔今月の目次〕 アリア「おとなの時代」http://www.arias.co.jp/ 〜〜

【今月の視点】 シルバーウィークの本当の意味
【最新ニュース】
  ・日経BP「団塊消費動向研究所」に読者のコメントが多数!
  ・足立区団塊世代事業「シニア世代まち暮らし・事始め講座」を担当します
  ・品川区の「いきいきアンチエイジング教室」を担当します
  ・「もなかコレクション」サイトを立ち上げました!
  ・Ryoma21情報:10月のイベント・セミナー情報が満載
【松本すみ子の最新連載と講演】
【編集後記】 ペコちゃんも還暦

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜今月の視点〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

◆シルバーウィークの本当の意味

連休をふいにした恨みからというわけではないのですが、
初めてのシルバーウィーク、なんか変と思ったのは私だけでしょうか。

そもそも、なぜ連休になったかといえば、21日は敬老の日で
23日が秋分の日。休日の間の22日は国民の祝日なる決まり。
その前に土日がうまく配置されたので、5連休となったのでした。

でも、敬老の日って9月15日じゃなかった?
まだ、そう思っている人も多いのではないでしょうか。
いまさらですが、敬老の日は2003年からハッピーマンデー制度が
適用され、9月の第3月曜日と固定されない日程に。

ともあれ、今回の5連休実現は敬老の日のおかげといってもいいくらい。
さらに、秋分の日といえば、お彼岸でした。
本来は、お年寄りを敬い、先祖にお参りをするためのシルバーウィーク。

ところが、この連休中、いつもなら敬老の日にちなんだ特集番組が
放送されるのに、今年はほとんどありませんでした。
連休で目立ったのは、料金が安くなって渋滞している高速道路と
車で混雑する観光地のニュース。

とってつけたように、敬老の日だけに放送される老人問題やお年寄り
紹介の番組には抵抗感があります。でも、それすらなくなったのかと思うと
祝日とは?という気もしてきます。

なんで休みなんだっけ?と言われ、休む口実にすぎなくなった祝日。
観光客にお金を使ってもうらうことだけを当てにされる祝日。
悲しいけど、不況打開には、それも仕方ないのかもしれませんね。

むかし、国民の祝日というと必ず、父が日の丸を出してきて、
家の門に掲げたことを思い出しました。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜最新ニュース〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

◆日経BP「団塊消費動向研究所」に読者のコメントが多数!

日経BPの連載「松本すみ子の団塊消費動向研究所」。
102回目「団塊票700万の行方」、103回目「団塊公務員の定年」に、
多くのコメントが寄せられました。特に、「公務員の定年」には関心が
高かったようです。こういう時期ですからね。

批判あり、賛同あり、ご自身の意見の開陳あり。いずれにせよ、反応がある
というのは、なんとも嬉しいこと。どちらも、まだ意見を書き込むことが
できます。もの申したい方は、ぜひ、どうぞ!

第103回 団塊公務員の定年 〜再任用制度で何をする〜
  → http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20090909/180110/

第102回 団塊票700万の行方 〜定年後初選挙〜
  → http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20090826/176601/

◆足立区団塊世代事業「シニア世代まち暮らし・事始め講座」を担当します

毎年お手伝いをしている足立区の団塊世代事業。今年で5年目となりました。
3年計画で地域ごとに開催した地域回帰事業は、昨年で終了。
今年はその総仕上げとして、10月から「シニア世代まち暮らし・事始め講座」
を開催することに。

まずは、団塊世代が地域活動・社会貢献活動に役立つ内容の連続5回の
講座を11月まで実施します。

  → http://www.city.adachi.tokyo.jp/009/d02700143.html

◆品川区の「いきいきアンチエイジング教室」を担当します

一方、品川区ではもう少し上の世代のシニアを対象とした講座の
企画・運営などを担当させていただくことになりました。

こちらは、地域で楽しくいきいき暮らしていただくための講座。
歌声教室や品川歴史ウォーキングなど、コミュニケーションと
生きがい発見が目的です。

自治体は、高齢化の問題から逃げることはできません。足立区も品川区も、
もちろん他の自治体も、実は、団塊がリタイアするこれからが正念場です。

◆「もなかコレクション」サイトを立ち上げました!

仲間と「もなかコレクション」、略して「もなコレ」を立ち上げました。
なぜ、最中? その訳は「もなかコレクションとは?」をご覧ください。

自分たちで味わった最中だけを、ご紹介しています。
今のところ、まったく趣味サイトですが、いずれは…と狙ってもおります。

記事のストックはたくさんあるのですが、アップする時間がないのが悩み。
とはいえ、ちょっとずつアップしてますので、時々、覗いてみてください。
最近は、おやつといえば、最中ばかり食べている松本です。

  → http://www.monaka-do.com

◆Ryoma21情報:10月のイベント・セミナー情報が満載です!

NPO法人シニアわーくすRyoma21の各サークル・プロジェクトも本格的に
秋の活動を開始しました。会員はもちろん、会員でない方も、関心のある
テーマがあれば、遠慮なく、お知らせください。info@ryoma21.jpへ。

・「傾聴講座」 10月5日&19日(月)
  人の話にじっくり耳を傾け、話を聞き出す技法。仕事にも役立ちます。
   → http://counseling.ryoma21.jp/article/127750081.html
・「Yahoo!ブログ」講座 10月7日&14日(水)
  初心者向けです。必ずあなたのサイトが作れます。
   → http://sakusaku.ryoma21.jp/article/128416035.html
・オーブンクレイアート講座 10月22日(木) 昼間・夜間
  オーブントースターで作れる粘土工作教室です。これが粘土?
   → http://www.ryoma21.jp/message/news/past/news090907.html
・ジャズ同好会「J」10月定例会 10月20日(火)予定
  聴きたい人、演奏したい人、どちらも大歓迎!ワイン飲み放題。
   → http://jazz.ryoma21.jp/
・会報誌「わたしのここから」が出来ました
  ご希望の方には進呈。 
http://www.ryoma21.jp/message/news/past/news090916.html

〜〜〜〜〜〜〜〜【松本すみ子の最新連載】〜〜〜〜〜〜〜〜

◆「松本すみ子の団塊消費動向研究所」
  http://www.arias.co.jp/news/2009/004.html

◆京都総合経済研究所『FINANCIAL FORUM』はつらつセカンドステージ
  葉っぱを生きがいとビジネスにした男・横石知二氏インタビュー
  http://www.arias.co.jp/news/2009/022.html

◆団塊世代のための定年準備講座
  http://www.nikkeibp.co.jp/style/secondstage/jinsei/teinen/

◆講演とセミナーの予定
  10月20日(火)東京都高齢期雇用就業支援コーナーにて、
「団塊世代のためのライフスタイル講座U・職業活動編」があります。
  http://www.tokyo-koyoukaihatsu.or.jp/koureiki/corner/index.html

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

【編集後記】ペコちゃんも還暦

先日、銀座・みゆき通りを歩いていたら、長蛇の列。なんだろう?と思って
みたら、不二家「ペコちゃんミュージアム」への入場を待つ人たちでした。

ペコちゃんは1950年に登場したとか。であれば、来年は60歳の還暦です。

最近は生みの親・不二家が不適切な菓子製品製造を行っていたことが
分かって、存続の危機に陥ったり、暴力団に盗まれて資金源にされそうに
なったり。60年も生きれば、やはりいろいろとありますね。

でも、人々は決してペコちゃんを見捨てませんでした。
メーカーは、これを肝に銘じるべきでしょう。
いつまでも、夢あるマスコットでいてほしいものです。

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=--=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

◆このメールマガジンのバックナンバー
→ http://www.arias.co.jp/mailmaga/back.html

アリア → http://www.arias.co.jp/mailmaga/index.html
まぐまぐ→ http://www.mag2.com/m/0000270590.html

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=--=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
有限会社アリア 代表取締役 松本すみ子 
発行日:2009年9月28日
〒104-0061 東京都中央区銀座6-6-1 銀座風月堂ビル
   Tel:03-5537-7130  FAX:03-5537-5281
◆アリア「おとなの時代」  http://www.arias.co.jp/
◆NPO法人シニアわーくすRyoma21  http://www.ryoma21.jp
◆庶民の歴史を残す「ききがきすと」 http://kikigakist.ryoma21.jp/
◆松本すみ子の団塊消費動向研究所
http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20080923/100458/
◆団塊世代のための定年準備講座
http://www.nikkeibp.co.jp/style/secondstage/jinsei/teinen/
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=--=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-


   
 
   
 
アリア ロゴ 有限会社アリア
東京都中央区銀座6-6-1 銀座風月堂ビル5F 
TEL: 03-5537-7130 FAX:03-3430-1341 e-mail:info*arias.co.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスに工夫をしています。「*」を@に変更して送ってください。
   

copylight 2004-2008 arias All rights reserved.