アクティブシニアのWEB情報誌 おとなの時代 Presented By Sumiko Matsumoto
  メニュー
  → おとなの時代HOME
  → 現代シニア考
    J'sシニア
    ライフスタイル「ありさ」
  → 松本すみ子の活動
    NPO法人シニアわーくすRyoma21
    nikkeibp.jp「松本すみ子の
   団塊消費動向研究所」
    日経BP「セカンドステージ」
    ├ 団塊世代のための定年準備講座
    ├ 充実生活みつけた
    ├ 本当にやりたい仕事って何
    セミナー・講演・マスコミ登場
  → きくちゃん19階のギャラリー
  → 松本すみ子の本と本棚
  → おすすめWebサイト
  → メールマガジン(購読受付中)
  → アリア会社案内
    会社概要
    シニア世代サポート事業
    ライフ&キャリア相談室
    活動の実績
    広報支援・パンフレット/Web制作
    プレスリリース
    プライバシー・ポリシー
  → ブログ「おとなの時代」はこちら
     
   
     
   
     
    諸兄、ゲームやろうぜ バナー
     
   
オールアバウトジャパン バナー
その道のプロが、あなたをガイド
2005年3月までのAll About「シニアライフ」はアリア・松本が担当しました。
 
     
     
     
     
     
     
     
     
メールマガジン
   
 
 

メールマガジン「おとなの時代」のバックナンバーです。
購読や中止は、こちらで。

 「おとなの時代」第40号 2010年11月22日発行 

  生まれる時代は選べない


 
 
   
 

アリアの松本すみ子です。

11月17日から韓国に来ています。
このメールが皆様に届く頃には東京に戻っている予定ですが。

韓国第二の生命保険会社Kyobo生命と政府関連機関の韓国老人人力開発院
が主催する老人社会参加活性化フォーラムで日本の状況をお話するために
やってきました。

仕事はもちろん有意義でしたが、前回韓国に来た時に親しくなった方々と
再開し、さらに新しい知人がたくさん増えました。
そういうことも含め、楽しい訪韓となりそうです。

今回のフォーラムと訪韓の報告は、まとめ次第、ホームページに
掲載したいと思います。来月号で、またお知らせしますね。

〜〜〔目次〕 アリア「おとなの時代」 http://www.arias.co.jp/ 〜〜

【今月の視点】 生まれる時代は選べない

【最新ニュース】

 ・R&D社「超高齢社会のビジネスチャンスとマーケティング課題」で講演
 ・毎日新聞「団塊の男たち 夢、仕事・・・まだまだ若い」の記事に登場
 ・サンデー毎日記事「定年後から相続までどっちが得か」にコメント
 ・2011年アリアのアートビリティ・カレンダーをプレゼント!
 ・Ryoma21情報:スポーツ報知で「ききがきすと」活動が紹介されました

【編集後記】もうひとつの「ハヤブサ」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜今月の視点〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

◆生まれる時代は選べない

11月10日、埼玉県草加市にある獨協大学経済学部でゲスト講師として
学生さん500人を相手に「日本人はどのように年をとればいいのか」という
お話をしてきました。今まで経験した大学での講義は、多くても1クラス
60人くらい。500人という大教室は初めてです。

どの時代も、どの大学でも、熱心な学生は前の方に座っています。
話している間、こちらと目を合わせますし、メモも取っています。
後ろの方の学生はたぶん出席簿のためでしょう。

講義の後、一人の女子学生が来て「シニア関係の仕事に関心がある、
先生の会社は新卒の採用はしないのか」と聞かれました。
残念ながら、その予定はありません。

でも、多くの会社はこれからシニア市場を無視しては成り立たないので、
そういう部分をしっかり見て、たくさんの会社にアプローチしなさいと
アドバイスしました。

就職氷河期。私の大学卒業時も同じようなものでした。
ゼミの先生の紹介で入社する予定だった会社が、今年は採らないことに
なったと言われたときは、目の前に黒いカーテンが降りました。

あの時、順調にその会社に入社していたら、今とは違う人生があった
のかも、という気になったりします。
どちらがよかったかは、誰にもわかりませんが。

どの時代に生まれたかで人の運命は変わります。
だれも好んで、その時代に生まれたわけではありません。
人生は不公平だらけだと思うけど、そこで踏ん張って生きていくしかない。

女子学生は特に大変なはず。「頑張って!」としか言えないことで、
私自身もちょっぴり切ない気持ちになりました。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜最新ニュース〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

◆R&D社「超高齢社会のビジネスチャンスとマーケティング課題」で講演

リサーチ・アンド・ディベロップメント社は11月4日、
「超高齢社会のビジネスチャンスとマーケティング課題」と題する
セミナーを開催。私は、その中のパネルディスカッションで
「団塊シニアの活動事例から考えるマーケティング」の発表を行いました。

当日は大手企業を中心に160社もの企画担当者が集まったとか。
やっぱり団塊シニアマーケットはこれからだと思いました。

→ http://www.arias.co.jp/news/2010/043.html

◆毎日新聞「団塊の男たち 夢、仕事・・・まだまだ若い」の記事に登場

毎日新聞11月8日付夕刊特集「団塊の男たち 夢、仕事・・まだまだ若い」
に取材協力しました。記事のテーマは、節目の60歳を過ぎて、団塊の男
たちは何を思い、どこに向かっているのか。

私の本『地域デビュー指南術 〜再び輝く団塊シニア〜』でも紹介した
介護タクシー事業を立ち上げた荒木正人さん、ワイナリー「東夢」を
経営している高野英一さんが登場しています。

団塊シニア自身が動き出すのもこれからなんです。

→ http://www.arias.co.jp/news/2010/042.html

◆サンデー毎日記事「定年後から相続までどっちが得か」にコメント

『サンデー毎日』11月7日号の特集「定年後から相続まで どっちが得か
徹底比較」にコメントが掲載されました。

年金の支払いは65歳まで可能ですから、再雇用や再就職をすると、
その間の年金支給額は減らされます。でも、個人事業主として働けば
減額されません。
いろいろな働き方があることを知っておいた方がいいですね。

→ http://www.arias.co.jp/news/2010/039.html

◆2011年アリアのアートビリティ・カレンダーをプレゼント!

アリア版「アートビリティ・カレンダー2011年版」を今年も作成しました。
経費が厳しいので、止めようかとも思いましたが、頑張りました。

そして、今年もお客様や取引先の方々に配った残りをご希望の方に
プレゼントしたいと思います。せっかく作ったので、応募してもらえると
嬉しいです。でも、多数の場合は抽選で5名様に。

詳しいことは、こちらをご覧ください。
→ http://www.arias.co.jp/news/2010/044.html

◆Ryoma21情報:スポーツ報知で「ききがきすと」活動が紹介されました

10月28日(木)付の『スポーツ報知』に「ききがきすと」の活動が
取り上げられました。記者さんは熱心に取材されていましたが、
まさか、こんな大きな記事になるとは思いもしませんでした。
紙面の半分以上を占め、しかも、カラーなんです。

→ http://www.ryoma21.jp/message/media/past/media101102.html

記事は報知新聞のサイトにも掲載されています。
http://hochi.yomiuri.co.jp/leisure/lets/news/20101028-OHT1T00204.htm

10月30日に始まった「ききがきすと養成講座」も第4回まで終了し、
残りは2回となりました。来年早々には正式な「ききがきすと」が誕生します。
こちらも楽しみです!

「ききがきすと」とは → http://kikigakist.ryoma21.jp/

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

【編集後記】もうひとつの「ハヤブサ」

このところ「はやぶさ」という名前をまた聞くようになりました。
ひとつ目は、あの惑星探査機「はやぶさ」。小惑星「いとかわ」の
貴重なデータを持って帰ってきたことが分かりました。
再びの快挙です。

二つ目はJR東日本・東北新幹線の「はやぶさ」。青森がぐっと近く
なります。新幹線では初めてファーストクラスができるとか。
大人の休日倶楽部の3割引きは適応されるのでしょうか。
調べてみようっと!

そして、もうひとつは本家・猛禽のハヤブサ。
荒川の河川敷を歩く機会があったのですが、最近、すぐそばに
ハヤブサのえさ場ができたというのです。

ガイド役の方の指さす方向をみると、確かに大きな鳥のようなものが
動いています。そこは足立区千住新橋のそばに立つ高層マンションの
最上階付近の出っ張り。ハヤブサのダイニングキッチンなのでした。

精悍で、雄々しく、勇壮なイメージを持ち、高速で飛ぶハヤブサ。
それを都心で見られたことに、なにかほっとしました。

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=--=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

◆このメールマガジンのバックナンバー
http://www.arias.co.jp/mailmaga/back.html

◆購読申し込みは
アリア → http://www.arias.co.jp/mailmaga/index.html
まぐまぐ→ http://www.mag2.com/m/0000270590.html

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=--=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
有限会社アリア 代表取締役 松本すみ子 
発行日:2010年11月22日
〒104-0061 東京都中央区銀座6-6-1 銀座風月堂ビル
Tel:03-5537-7130  FAX:03-5537-5281
◆アリア「おとなの時代」  http://www.arias.co.jp/
◆NPO法人シニアわーくすRyoma21  http://www.ryoma21.jp
◆庶民の歴史を残す「ききがきすと」 http://kikigakist.ryoma21.jp/
◆松本すみ子の団塊消費動向研究所
http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20080923/100458/
◆団塊世代のための定年準備講座
http://www.nikkeibp.co.jp/style/secondstage/jinsei/teinen/
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=--=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=


   
 
   
 
アリア ロゴ 有限会社アリア
東京都中央区銀座6-6-1 銀座風月堂ビル5F 
TEL: 03-5537-7130 FAX:03-3430-1341 e-mail:info*arias.co.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスに工夫をしています。「*」を@に変更して送ってください。
   

copylight 2004-2008 arias All rights reserved.