アクティブシニアのWEB情報誌 おとなの時代 Presented By Sumiko Matsumoto
  メニュー
  → おとなの時代HOME
  → 現代シニア考
    J'sシニア
    ライフスタイル「ありさ」
  → 松本すみ子の活動
    NPO法人シニアわーくすRyoma21
    nikkeibp.jp「松本すみ子の
   団塊消費動向研究所」
    日経BP「セカンドステージ」
    ├ 団塊世代のための定年準備講座
    ├ 充実生活みつけた
    ├ 本当にやりたい仕事って何
    セミナー・講演・マスコミ登場
  → きくちゃん19階のギャラリー
  → 松本すみ子の本と本棚
  → おすすめWebサイト
  → メールマガジン(購読受付中)
  → アリア会社案内
    会社概要
    シニア世代サポート事業
    ライフ&キャリア相談室
    活動の実績
    広報支援・パンフレット/Web制作
    プレスリリース
    プライバシー・ポリシー
  → ブログ「おとなの時代」はこちら
     
   
     
   
     
    諸兄、ゲームやろうぜ バナー
     
   
オールアバウトジャパン バナー
その道のプロが、あなたをガイド
2005年3月までのAll About「シニアライフ」はアリア・松本が担当しました。
 
     
     
     
     
     
     
     
     
メールマガジン
   
 
 

メールマガジン「おとなの時代」のバックナンバーです。
購読や中止は、こちらで。

 「おとなの時代」第50号 2011年12月3日発行 

  2012年カレンダーができました


 
 
   
 

アリアの松本すみ子です。

 *このメールは、名刺交換をさせていただいた方々、公私共にお付き合い
   いただいている方々に、月に1度程度お送りしています。

12月2日から仙台で恒例の「光のページェント」が始まりました。
震災の影響で、今年は開催できないのではないかと心配しましたが、
津波で流された電球は新たに購入したり、全国からの善意で調達。
いつもに増して、美しく輝いていることでしょう。

「がんばれ!」のイルミネーションは仙台だけでなく、釜石などほかの
被災地でも始まりました。光は、心にも温かな明かりを灯します。
やはり今年も、年末は仙台に行かなければと思っています。

〜〜〔目次〕 アリア「おとなの時代」  http://www.arias.co.jp/ 〜〜

【今月の視点】 ついに雑誌『旅』が休刊に

【最新ニュース】
 ・アリアのアートビリティカレンダー2012年版、今年もプレゼント!
 ・『新年金世代のココロザシゴト』で「病院・医者選び」をアドバイス
 ・講談社『セオリー』の「DATAでわかる団塊行動経済学」に登場
 ・2011年度新宿区の「生涯現役塾」の一部を受託
 ・タブレット端末体験講座開催、ワイワイガヤガヤ楽しみました
 ・日経ラジオ「松本すみ子のルート“60’s”」で「私の2011年」募集中!
 ・松本すみ子の@シニア最新コラムは「シニア向けイベント同日開催」

【編集後記】 臓器提供意思表示

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜今月の視点〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

◆ついに雑誌『旅』が休刊に

新潮社の雑誌『旅』が2012年1月発売号で、ついに休刊となるそうです。
『旅』は1924年に日本で初めての旅行雑誌として創刊され、90年近い
歴史があります。そんな雑誌はそうそうありません。残念ですね。

1946年からは日本交通公社(現在のJTB)が刊行していました。
今は亡き戸塚文子さんが名編集長として鳴らし、松本清張の「点と線」を
連載したり、その後、宮脇俊三が執筆した鉄道紀行が人気になったり
と、文学的な香りも持つ格調の高い旅雑誌でした。

2004年には新潮社に引き継がれ、女性を意識した旅雑誌に変身。
誌名は同じでも、まったく別ものになっていました。
ここにきて、その路線も難しくなったということのようです。

飛行機や電車などの交通は格段にスピードアップし、誰でもが気軽に
利用できるようになりました。旅はそれほど憧れではなくなりました。
しかも、早く目的地に着いて、グルメや観光を楽しむことが目的と
なった時点で、じっくりと旅の途中や余韻を楽しむための雑誌の役目は
終わっていたということなのでしょう。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜最新ニュース〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

◆アリアのアートビリティカレンダー2012年版、今年もプレゼント!

できました! 2012年版アリア特製アートビリティカレンダー。
今年も、障害ある方々が描いた選りすぐりの絵で構成されています。
こういう絵を見るたびに、人は皆何かしら才能を持って生まれてきて、
その発揮どころがそれぞれ違うだけではないかという気がします。

お客様向けですが、いつものように読者にもプレゼントします。
カレンダーの見本と詳細を下記に掲載してありますので、
ご覧になって、お申込みください。

→ http://www.arias.co.jp/news/2011/039.html

◆『新年金世代のココロザシゴト』で「病院・医者選び」をアドバイス

『日経キャリアマガジン』の特別編集号「新年金世代のココロザシ」で、
「病院・医者選び」をアドバイスしています。
昨年、過労でちょっと入院しました。その体験から得たものもあります。

→ http://www.arias.co.jp/news/2011/038.html

◆講談社『セオリー』の「DATAでわかる団塊行動経済学」に登場

講談社の団塊世代研究誌『セオリー』11月発行号に登場しました。
「DATAでわかる団塊行動経済学」で、団塊世代の行動全般に渡って
コメントしています。

→ http://www.arias.co.jp/news/2011/037.html

◆2011年度新宿区の「生涯現役塾」の一部を受託

2011年度に引き続き、新宿区福祉部高齢者サービス課いきがい係の
講座「2011年度生涯現役塾」を受託しました。1回目、2回目、そして
最終日7回目の企画と講師・コーディネーターを担当します。

→ http://www.arias.co.jp/news/2011/036.html

◆タブレット端末体験講座開催、ワイワイガヤガヤ楽しみました

11月に開催した「タブレット端末体験講座」。やはりシニア世代にも
関心が高く、各回10名限定の講座はすぐに満員。
「タブレット端末って何?」という人から、「テレビCMのように、
指先でページをめくってみたかった」という人まで、動機は様々。
ああだ、こうだとシニアらしい感想を入れながらも、楽しかったようです。

→ http://www.arias.co.jp/news/2011/040.html

◆日経ラジオ「松本すみ子のルート“60’s”」で「私の2011年」募集中!

「松本すみ子のルート“60’s”」も早や3か月目に突入。
年末ということで、視聴者の皆様から「私の2011年」というテーマで
お便り募集を開始しました。

今年は震災で大変な年でしたが、個人的にも皆さん、いろいろあった
のではないでしょうか。ぜひ、皆さまの2011年をお知らせください
12月24日の放送でご紹介します。締め切りは12月11日です。

お便りは日経ラジオ「集まれ!ほっとエイジ」宛に。
また、松本に直接メールで送っていただいても結構です。
お待ちしています!  → sumikoma@arias.co.jp

「松本すみ子のルート“60’s”」のページはこちら
→ http://www.arias.co.jp/news/2011/029.html

◆松本すみ子の@シニア最新コラムは「シニア向けイベント同日開催」

2007年以後、シニア市場はトーンが下がり、シニアを対象とした
イベントもほとんど開催されることがなくなりました。
しかし、今年の11月、久しぶりにふたつの大規模イベント開催!
企業が再びシニア市場に本気になってきた証拠と喜んでいたのですが、
やはりいろいろと問題があるようです。そんな状況を書いてみました。

12月13日には、その続きとして、実際の見学記とそこから見えた課題を
掲載する予定です。

→ http://www.arias.co.jp/news/2011/026.html

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

【編集後記】 臓器提供意思表示

学生時代から角膜移植などに関心があり、提供の意思表示をしています。
臓器移植が始まってからは、もちろん、それも。
今では、意思表示は保険証の裏に記載できるし、臓器移植ネットワーク
のサイトで登録できる時代となりました。
→ http://www.jotnw.or.jp/

だから、家族や親戚には、私に万一のことがあれば、臓器提供をよろしく
と話してきました。しかし、自分の身内に先にそういう事態がおきるとは
夢にも思っていませんでした。

甥が出張先で、突然、クモ膜下出血で亡くなったのです。
脳死状態になり、両親(姉夫婦)はこのまま息子がただの灰になって
しまうのはいやだと臓器提供を決意しました。
そして、彼の体はたくさんの方々のために役立ったようです。

まだ40歳。この先にどんな人生が待っていたでしょうか。
悔しくてなりません。誰かの中に、彼の一部が生きているという事実で、
少しは救われると考えるしかありません。

悲しみの中での両親の決断には敬意を表します。
そして、私もやはり万一の場合は、そうしてもらいたいと思います。

でも、長生きしたら、おそらく使えません。それはそれで喜ばしいこと。
できれば、甥にも長生きしてほしかった。
少なくとも、病気ばかりでどこも使えませんでしたなんて、死んでから
恥をかくことのないようにしなければと思ったりします。

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=--=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

◆このメールマガジンのバックナンバー
http://www.arias.co.jp/mailmaga/back.html

◆購読申し込みは
アリア → http://www.arias.co.jp/mailmaga/index.html
まぐまぐ→ http://www.mag2.com/m/0000270590.html

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=--=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
有限会社アリア 代表取締役 松本すみ子
発行日:2011月12月3日
〒104-0061 東京都中央区銀座6-6-1 銀座風月堂ビル
Tel:03-5537-7130  FAX:03-5537-5281
◆アリア「おとなの時代」  http://www.arias.co.jp/
◆NPO法人シニアわーくすRyoma21  http://www.ryoma21.jp
◆日経ラジオ「松本すみ子のルート“60’s”」 
 http://www.radionikkei.jp/hot_age/
◆松本すみ子の@シニア http://www.from-n.jp/
◆マイベストプロ東京「松本すみ子のページ」
 http://pro.mbp-tokyo.com/sumiko-matsumoto/
◆松本すみ子の団塊消費動向研究所
 http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20080923/100458/
◆団塊世代のための定年準備講座
 http://www.arias.co.jp/teinenjyunbi/index.html
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=--=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

   
 
   
 
アリア ロゴ 有限会社アリア
東京都中央区銀座6-6-1 銀座風月堂ビル5F 
TEL: 03-5537-7130 FAX:03-3430-1341 e-mail:info*arias.co.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスに工夫をしています。「*」を@に変更して送ってください。
   

copylight 2004-2008 arias All rights reserved.