アクティブシニアのWEB情報誌 おとなの時代 Presented By Sumiko Matsumoto
  メニュー
  → おとなの時代HOME
  → 松本すみ子の活動
    ├ シニア世代に関する講演活動
    ├ 行政や自治体での活動
    ├ 企業やマーケット関連での活動
    ├ メディアに登場
  → 松本すみ子の取材・執筆
    ├ 松本すみ子の本
    ├ 京都総研『FINANCIAL FORUM』
    ├ 松本すみ子の団塊消費動向研究所
     団塊世代のための定年準備講座
    ├ 充実生活みつけた
    ├ 本当にやりたい仕事って何
  → メールマガジン(購読受付中)
  → アリア会社案内
    ├ 会社概要
    └ プライバシー・ポリシー
     
   
   
     
    松本すみ子のfacebook
     
     
     
メールマガジン
   
 
 

メールマガジン「おとなの時代」のバックナンバーです。
購読や中止は、こちらで。

 「おとなの時代」第70号 2014年6月9日発行 

   美容介護デイサービス


 
 
   
 

アリアの松本すみ子です。

今年も紫陽花の季節になりました・・・
と、流ちょうなことを言っている状況ではないですね。
近頃の梅雨は叩きつけるような豪雨に、がけ崩れ、大粒のヒョウ。
紫陽花に優しく、傘が美しく映えるようなしとしと雨に戻ってほしい。

〜〜〔目次〕 アリア「おとなの時代」  http://www.arias.co.jp/ 〜〜

【今月の視点】 買い物難民解消

【アリアの最新ニュース】
 ・ダイエーグループ誌『ショッぷる』で「もっと知りたいシニアの心」開始
 ・ダイヤ高齢社会研究財団会報誌に「旅は人生のスパイスです!」連載開始
 ・足立区から平成26年度地域活動人材育成事業「あだち皆援隊活動」受託
 ・東京新聞「男性シニアの地域デビュー」にコメントしました
 ・アクティブシニア取材「理科離れの子どもたちにモノづくりの楽しさを」
 ・Ryoma21情報:茶道サークル「凛」主催初めての茶会を渋谷で開催

【編集後記】 美容介護デイサービス

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜今月の視点〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

◆買い物難民解消

日産やBMWをはじめとした車メーカーだけでなく、グーグルも自動運転の
車を発表しました。ニュースで見ましたが、すごいですね。
最初に目的地をセッティングしておけば、あとは何もしなくても、信号や
周りの状況を判断して、目的地まで連れて行ってくれます。
「車はもはやメカニックでなくて、コンピュータ」なんだとか。

今、過疎地のお年寄り、スーパーなどが撤退して近くに商店のない方々は
買い物難民などと言われています。
しかし、自動運転車の性能が確立して普及したら、この人口減少高齢社会の
大問題はすぐに解消するのではないでしょうか。

お年寄りでも操作しやすい(もはや運転ではない)車であれば、少々
離れた町に買い物に行くくらいは簡単なこと。
何よりいいのは、隣町に住んでいる幼馴染に会いに行くとか、TVで
紹介していたグルメなあのレストランに行ってみようとか、行動範囲が
広がることです。これでお年よりはますます元気になり、介護予防策にも
なって、医療費が減る?

また、最近は、ブレーキとアクセルを間違えた事故のニュースをよく聞く
せいか、60歳を過ぎたあたりで、運転を夫に任せ、助手席専門のペーパー
ドライバーになってしまう女性も多いようです。

でも、もっと年を取った時にはどうなるんでしょうか。
夫が病気や介護状態になったり、いなくなったりしたら、新たな意味での
難民が生まれかねません。多くのペーパードライバーや買い物難民と
言われる人にとって、自動運転車の登場はまさに朗報なのです。

車も、社会の変化と共に、その役割が変わっていくということでしょう。
趣味の車、ビジネス用の車に、文字通り「足」となる車が加わる。
そうなれば、車産業はさらに発展するのではないでしょうか。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜最新ニュース〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

◆ダイエーグループ誌『ショッぷる』で「もっと知りたいシニアの心」開始

今年になって、新しい連載が二つ始まりました。
一つ目は、ダイエーグループの『ショッぷる』。ダイエー店舗のテナントさん
向けに、販売に役立つ情報を提供するために発行されているもので、
私のコラムタイトルは「もっと知りたいシニアの心」。隔月で掲載です。

消費税増税、少子化による人口減などで、売上低下が心配される中、
今や消費の中心はシニア世代。どうしたら、シニアにアピールできるかを
考えていきたいと思います。

第1回は「『きょういく』と『きょうよう』を提供する」。
なにそれ? という方は、こちらで。

→ http://www.arias.co.jp/news/2014/016.html

◆ダイヤ高齢社会研究財団会報誌に「旅は人生のスパイスです!」連載開始

二つ目の連載は、三菱系「ダイヤ高齢社会研究財団」季刊誌『Dia News』。
まじめな内容がほとんどの冊子ですが、娯楽的な記事もほしいとのことで、
私の大好きな旅のお話を書くことになりました。

シニア世代にとって、今や、旅は欠かせない楽しみ。
そもそも人はなぜ旅に出るのか。それは“非日常”を味わうため。
自分自身で自分の生活に変化を与え、リフレッシュして、また頑張るための
原動力でもあるのです。

第1回は、今年1200年を迎える四国八十八ヶ所巡礼の路がテーマ。
私も、一度は自分の足で巡ってみたい非日常の一つです。

→ http://www.arias.co.jp/news/2014/014.html

◆足立区から平成26年度地域活動人材育成事業「あだち皆援隊活動」受託

足立区が地域活動に参加する区民の育成事業を「あだち皆援隊」と名付けて
リニューアルしてから3年。当社は最初から、企画・運営のお手伝いをして
きました。引き続き今年も、担当させていただきます。

6月1日には開講記念式典を実施。NHK「プロジェクトX」「小さな旅」
「団塊スタイル」でお馴染みの国井雅比古さんに基調講演をお願いしました。
国井さんは昭和24年生まれの、まさに団塊の世代。同世代の方々が共感
できる内容だったようです。

→ http://www.arias.co.jp/news/2014/017.html

講座自体は6月21日から始まり、1年間続きます。
さあ、私も頑張らないと!

→ http://www.arias.co.jp/news/2014/018.html

◆東京新聞「男性シニアの地域デビュー」にコメントしました

5月31日付の東京(中日)新聞にメントしました。
リタイアしたばかりのシニア男性は、今後の地域の運営に欠かせない人材
というのは、私の持論と同じ。現役時代の経験や能力を生かせる場を
見つけるためにも、まずは地域デビューを果たしましょう。

→ http://www.arias.co.jp/news/2014/019.html

◆アクティブシニア取材「理科離れの子どもたちにモノづくりの楽しさを」

連載といえば、この『FINANCIAL FORUM』の「はつらつセカンドステージ」も
担当してからもう7年、回数も29回目となります。

今回は、子供たちに科学の面白さやモノづくりの楽しさを伝えたいと、
元日立製作所のエンジニアたちが始めた地域活動の紹介。
長くお世話になった会社のある地域の皆さんへの恩返しだそうです。

地域って、自分の住んでいる地域だけでなくてもいいんですよね。
上手に地域デビューをした方々です。

→ http://www.arias.co.jp/news/2014/015.html

◆松本すみ子の講演・セミナー予定はこちら
→ http://www.arias.co.jp/news/2014/002.html

◆Ryoma21情報:茶道サークル「凛」主催初めての茶会を渋谷で開催

NPO法人シニアわーくすRyoma21には、「凛」という茶道サークルが
あります。中心になって活動しているのは男性たち。
もともとお茶は武士が嗜んでいたものですから、不思議はありませんが。

活動を始めて3年目。毎月欠かさず例会を積み重ねて、ついに自前の茶会を
開催するまでになりました。開催日は6月28日(土)、会場は
国立オリンピック記念青少年総合センター内「桜花亭」。

まだ空いている席もあるようなので、関心のある男性は、ぜひ!
もちろん、女性も大歓迎。私も参加予定です。

→ http://www.ryoma21.jp/message/news/past/news140512_02.html

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

【編集後記】美容介護デイサービス

新聞の折り込み広告を片付けていたら、この文言が目に留まりました。
デイサービスといえば、冠婚葬祭や外せない用事などで、家族がお世話
できない日に、要介護状態のお年寄りを送迎して、食事やお風呂や娯楽を
提供するサービス。

そこに、整体、マッサージ、リフレクソロジーはもちろん、エステティック、
ヨガ・フィットネス、ネイルのメニューが加わるらしいのです。

いいですね。こんなデイサービスなら、介護状態でなくても受けてみたい!
(もちろん、要介護の方でないとダメですが。)

コピーには「介護が必要な年齢になったからといって、若い頃と同じ
楽しみを味わっていけない理由はありません」とあります。
まったく、その通り。

超高齢社会の日本。今までの常識にとらわれないサービスや商品が
どんどん生まれてほしいです。年を取るのも悪くないと思えるように。

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=--=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
◆このメールマガジンのバックナンバー
http://www.arias.co.jp/mailmaga/back.html
◆購読申し込みや登録情報の変更、解除は
アリア → http://www.arias.co.jp/mailmaga/index.html
まぐまぐ→ http://www.mag2.com/m/0000270590.html
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=--=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
有限会社アリア 代表取締役 松本すみ子
発行日:2014月6月9日
〒104-0061 東京都中央区銀座6-6-1 銀座風月堂ビル
Tel:03-5537-7130  FAX:03-5537-5281
◆アリア「おとなの時代」  http://www.arias.co.jp/
◆NPO法人シニアわーくすRyoma21  http://www.ryoma21.jp
◆松本すみ子の団塊消費動向研究所
http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20080923/100458/
◆団塊世代のための定年準備講座
http://www.arias.co.jp/teinenjyunbi/index.html
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=--=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

   
 
   
 
アリア ロゴ 有限会社アリア
東京都中央区銀座6-6-1 銀座風月堂ビル5F 
TEL: 03-5537-7130 FAX:03-3430-1341 e-mail:info*arias.co.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスに工夫をしています。「*」を@に変更して送ってください。
   

copylight 2004-2008 arias All rights reserved.