メールマガジン「おとなの時代」の最新号です。
バックナンバーはこちらで。
購読や中止は、こちらで。

 「おとなの時代」第79号 2015年5月11日発行 

  シニアマンションを選ぶなら

アリアの松本すみ子です。

ココナッツオイルがブームらしいです。DMも届きました。
ダイエット効果があり、アルツハイマー型認知症の予防にもなるとか。
入り口あたりに、たくさん並べているショップも見かけました。

なぜダイエットにいいかというと、ココナッツオイルに含まれている
中鎖脂肪酸は分子の鎖が短いため。体に蓄積することなく、直接、肝臓に
運ばれて、効率よく分解されるからだそうです。
デトックスにもいいというので、毎日飲む女性もいるらしい。
ふ〜ん。

シニア世代としては、認知症予防のほうに関心ありかな。
中鎖脂肪酸に含まれるケトン体という物質が効果を発揮するそうです。
でも、もうひとつ、良く分からない感じ。
効果の根拠がもっとはっきりしていれば、買うんだけどなあ。

それに、ココナッツオイルって、独特の味と香りがありますよね。
エスニック系料理には合うけど、和食系にはどうなんでしょう。

〜〜〔目次〕 アリア「おとなの時代」  http://www.arias.co.jp/ 〜〜

【今月の視点】 シニアマンションを選ぶなら

【アリアの最新ニュース】
 ・アクティブシニアレポート「現役時代の経験を活かし、発展途上国を支援」
 ・『シニアの楽しむスポーツ』は「ラグビーで青春の輝きを取り戻す」
 ・『週刊女性』の「年金+なシニアライフ」に登場しました
 ・『ショッぷる』に「アクティブシニアは昼も夜も元気」を掲載
 ・東京都福生市公民館で「生涯現役! 地域活動のススメ」を講演
 ・NPO活動:『あの日を忘れない〜東日本大震災の記録・岩手編』完成!

【編集後記】 バンドネオンの響き

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜今月の視点〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

【今月の視点】 シニアマンションを選ぶなら

最近、シニアマンションの広告をよく目にします。
有料老人ホームとは違って、介護状態になる前に入居し、各種サービスを
受けながら、アクティブに暮らすためのマンションという位置づけ。

老人ホームは入る時に入居金をまとめて支払い、それを年々償却していくもの。
亡くなってしまえば、資産はチャラになってしまいます。
いっぽう、分譲型のシニアマンションは通常のマンションと同じで、
亡くなっても、子供や家族に資産として残すことができます。

このあたりのことは、私でも分かるのですが、では、普通のマンションと
シニアマンショとは、いったい何が違うのでしょうか。入居のメリットは
どこにあるのでしょうか。

今後、業界ではシニアマンションに力を入れていくとか。
自分が入るか入らないはともかく、知っておく必要がありそうです。
ということで、シニアマンションの見学会に出かけました。

関心のある方は、続きをこちらで。
→ http://www.arias.co.jp/seniorlife/0002.html

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜最新ニュース〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

◆アクティブシニアレポート「現役時代の経験を活かし、発展途上国を支援」

『FINANCIAL FORUM』2015年春号の「はつらつセカンドステージ」で
紹介したのは、現役時代の経験を活かし、定年後に、発展途上国支援に
力を注ぐ清水敬之さんと正子さんご夫妻。
お二人は2年の任期を終えて、昨年9月、バングラデシュから帰国。
バングラでの生活、活動のきっかけなど、興味深いお話をお聞きしました。

→ http://www.arias.co.jp/news/2015/016.html

◆『シニアの楽しむスポーツ』は「ラグビーで青春の輝きを取り戻す」

新連載エッセイ『シニアの楽しむスポーツ』が始まりました。
2019年、東京オリンピックの年に、アジアで初めての「ラグビーワールド
カップ」が日本で開催されます。ラグビーは体力的に厳しいスポーツですが、
意外にも、世界中のシニアラグビー界は日本のシニア世代が引っ張って
いたのです。

→ http://www.arias.co.jp/news/2015/017.html

◆『週刊女性』の「年金+なシニアライフ」に登場しました

『週刊女性』の4月28日号は、「生きがいとお小遣い、どちらも手にする
定年後年金+なシニアライフ」という欲張りな特集。
この特集に、2ページにわたって、松本のコメントが掲載されました。
各地の地域デビュー講座でも話している内容を基にしています。

→ http://www.arias.co.jp/news/2015/015.html

◆『ショッぷる』に「アクティブシニアは昼も夜も元気」を掲載

ダイエーのテナント向けに月刊誌『ショッぷる』の連載「もっと知りたい
シニアの心」が終了しました。ダイエーグループは2015年1月より
イオンの完全子会社となったためです。
でも、私は最後に、いい仕事をさせていただきました。

→ http://www.arias.co.jp/news/2015/014.html

◆東京都福生市公民館で「生涯現役! 地域活動のススメ」を講演

今年度初の地域デビュー講座でした。福生といえば、米軍基地の町。
時間がなかったので、それを感じる場所までは行けませんでしたが、
今でも、外国人(欧米人に限らず)が多い町だそうです。

松本の講演・講座一覧はこちらで 
→ http://www.arias.co.jp/news/2015/002.html

◆NPO活動:『あの日を忘れない〜東日本大震災を語る・岩手編』完成!

昨年7月に、NPO法人シニアわーくすRyoma21「ききがきすと」メンバーが、
岩手県宮古市田老地区で聴き取りしたお話をまとめた冊子が完成しました。
ホテルの6階で押し寄せる津波を撮影した「たろう観光ホテル」のオーナー、
流される自宅の2階から命からがら逃げ出した人など、貴重な体験を
6人の方々がお話くださいました。

希望者には有料でお分けします。冊子の詳しい内容などは下記で。

→ http://kikigakist.ryoma21.jp/article/418029172.html

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

【編集後記】 バンドネオンの響き

浅草公会堂で開催された「東京タンゴ祭」に行ってきました。
タンゴというと、今や風前のともしびかと思っていたら、会場は
熱心なファンで満員。観客はやはり高齢な方々が多かったのですが、
意外にも、演奏者は比較的若い人がほとんどでした。

司会者の説明によれば、1950年代、ペロン大統領の奥さんのエビータが
亡くなった時、その追悼式で、藤沢蘭子さんが「ママ、恋人がほしいの」
というタンゴを歌って、アルゼンチンで大人気となったのだそうです。
それ以来、日本はタンゴの「第二のふるさと」と言われているとか。

そういえば、昔、わが家でも藤沢欄子さんのタンゴのソノシートを見た
覚えがあります。

タンゴは男女がぴったりくっついて踊る妖艶なダンスも素晴らしいですが、
私はバンドネオンという楽器に関心があります。一見、アコーデオンのようで、
まったく違う。哀愁を帯び、深く響く音色が魅力的です。
これなしで、タンゴは成立しない。

アルゼンチンにも行ってみたいです。ついでに(?)、キューバも。
ラテンは素敵・・・。

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=--=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
◆このメールマガジンのバックナンバー
http://www.arias.co.jp/mailmaga/back.html
◆購読申し込みや登録情報の変更、解除は
アリア → http://www.arias.co.jp/mailmaga/index.html
まぐまぐ→ http://www.mag2.com/m/0000270590.html
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=--=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
有限会社アリア 代表取締役 松本すみ子
発行日:2015月5月11日
〒104-0061 東京都中央区銀座6-6-1 銀座風月堂ビル
Tel:03-5537-7130  FAX:03-5537-5281
◆アリア「おとなの時代」  http://www.arias.co.jp/
◆NPO法人シニアわーくすRyoma21  http://www.ryoma21.jp
◆松本すみ子の団塊消費動向研究所
http://www.arias.co.jp/news/2009/004.html
◆団塊世代のための定年準備講座
http://www.arias.co.jp/news/2009/027_3.html
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=--=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

アリア ロゴ 有限会社アリア
東京都中央区銀座6-6-1 銀座風月堂ビル5F 
TEL: 03-5537-7130 FAX:03-3430-1341 e-mail:info*arias.co.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスに工夫をしています。「*」を@に変更して送ってください。
 
 
copylight 2004-2008 arias All rights reserved.