メールマガジン「おとなの時代」の最新号です。
バックナンバーはこちらで。
購読や中止は、こちらで。

 「おとなの時代」第80号 2015年6月8日発行 

  東日本大震災の聞き書き購入にご協力を!

アリアの松本すみ子です。

いきなりですが、東日本大震災の聞き書き冊子のご購入をお願いします!

NPOのメンバーと東日本大震災の記録づくりを行っています。
被災地に出向き、現地の方々から震災経験や今までの出来事、そして、
現状や今後の希望を語っていただき、それを冊子にまとめています。
2013年の宮城編に引き続き、このほど第二弾の岩手編が完成しました。

http://kikigakist.ryoma21.jp/article/418029172.html

この活動は少なくとも、福島編を作るまでは続けたいと思っています。
そこで、岩手編、宮城編の販売を開始しました。
売上は福島編制作資金の一部にします。

代金は1,500円+送料(1冊の場合215円)です。
ご希望の方は、宮城編か岩手編か、冊数、送り先を明記して
info@ryoma21.jp までお送りください。振込先をお知らせします。
または、このメルマガへの返信でも結構です。

ご協力いただければとても嬉しく思います。よろしくお願いします。

〜〜〔目次〕 アリア「おとなの時代」  http://www.arias.co.jp/ 〜〜

【今月の視点】 シニア世代が始めるお互い様のお助けサービス

【アリアの最新ニュース】
 ・中高年齢者雇用福祉協会の『JADAニュース』に私の提言を寄稿しました
 ・6月18日に「シニアおひとりさまニーズ発掘セミナー」を担当します
 ・西多摩新聞に福生市での講演の様子が掲載されました
 ・西東京市ゆめこらぼで「子育て・仕事がひと段落したあなたに」担当
 ・NPO活動:次回まち歩きは、7月4日の等々力渓谷から二子玉川

【編集後記】 高野山のお土産なら

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜今月の視点〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

【今月の視点】 シニア男性が始めるお互い様のお助けサービス

仙台で活動しているNPO法人「シニアサロン井戸端会議」は、居酒屋を
経営していることで有名ですが、このほど、高齢者の生活支援事業を
始めました。名称は「井戸端お助け隊」。

助けを借りたい人、仕事をしたい人ともに、入会金2000円で会員登録
すれば、掃除、草むしり、買い物、留守番、話し相手などさまざまな
リクエストに応じて、会員をお年寄り世帯に派遣。料金は1時間当たり
700円と交通費。仕事をした会員は500円と交通費を受け取る方式とか。

同じような活動を行っているシニア世代のNPOは足立区にもあります。
NPO法人「足立ほがらかネットワーク」です。足立区の「団塊世代の地域
回帰推進事業」を受講したメンバーが始めました。

特徴的なのは、どちらのNPOも活動の中心は男性だということ。
従来は介護の分野で活躍するのは女性が多かったように思います。
団塊世代あたりで、それも少しずつ変化しているのかもしれません。
介護には男手が必要。大いに歓迎ですね。

「ほがらかネットワークは」一人暮らしの高齢者を定期的に訪問する
家事代行サービスも行っています。網戸や障子の張り替え講習会なども
開催し、スキルアップにも熱心です。

介護保険サービスでは、本人と直接関係のないサービスは提供することが
できません。しかし、現実の生活は複雑で多様。この活動で賭けた部分を
補おうというのです。

しかも、比較的若いシニア世代がさらに上の世代を支えたいという
ボランティア精神から始まっているので、ほがらかネットワークでも
利用料金は1時間800円と低料金。提供者にとっては生きがい活動の
一環だからでしょう。

足立ほがらかネットワークの詳細はこちらに。
→ http://adachihogarakanetwork.web.fc2.com/index.html

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜最新ニュース〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

◆中高年齢者雇用福祉協会の『JADAニュース』に私の提言を寄稿しました

『JADAニュース』の1面には各界の方々が意見を発表するコラム欄
「私の提言」があります。ここに「高齢者をひとくくりにしない」という
コラムを掲載していただきました。

これだけ高齢者といわれる人たちが多くの世代に分布するのに、
シニア世代は相変わらず、一括りで見られています。
時代が変われば、人の有りようも変わるということを理解すべきでしょう。

→ http://www.arias.co.jp/news/2015/019.html

◆6月18日に「シニアおひとりさまニーズ発掘セミナー」を担当します

おりしも、女性が子供を産む数が減ったというニュースが流れましたね。
生涯未婚率も一層高くなり、おひとり様はもはや夫婦二人の世帯よりも多く
なりました。しかも、今後は50代・60代男性のおひとりさまが増えます。
何が求められているか、何が提供できるのか、考えてみたいと思います。

→ http://www.marken.co.jp/marken_seminar/2015/06/post_778.shtml

◆西多摩新聞に福生市での講演の様子が掲載されました

福生市の連続講座『地域があなたを待っている』の2回目の講師を
担当しました。西多摩新聞の記者さんも参加。その様子を記事として
掲載してくださいました。記者さんも同世代でしたよ。

→ http://www.arias.co.jp/news/2015/018.html

◆西東京市ゆめこらぼで「子育て・仕事がひと段落したあなたに」担当

タイトルで分かるように、このセミナーは女性が対象です。
最近は男性と同じように定年退職を迎える女性も多いのです。
ということでしたが、なぜか男性の参加も。
いろいろな意見や体験が聞けて、かえって刺激的な講座になりました。

→ http://www.arias.co.jp/news/2015/020.html

◆NPO活動:次回まち歩きは、7月4日の等々力渓谷から二子玉川

まち歩き・食べ歩き「くうかい」の次回は、等々力渓谷。上を走る環八が
嘘のように静かな都心のオアシスです。途中、おしゃれなカフェなどで
休憩しつつ、二子玉川まで歩く予定。
もちろん、最後は皆で乾杯! 日頃、運動不足の方々、家族以外との
会話不足の方々、いかがでしょう。

→ http://kukai.ryoma21.jp/article/420247728.html

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

【編集後記】 高野山のお土産なら

“おばさんは今日も旅の空”ということで、5月末に高野山と熊野三山に
行ってまいりました。熊野三山は初めてでしたが、高野山は2度目。
宿坊に泊まり、精進料理をいただいてきました。

高野山の名物と言えば、精進料理に必ず出てくる「ごま豆腐」ですが、
おススメがもうひとつあります。それは「こうやまき」。

最初に行った時に、あちこちに「こうやまき」という看板を見かけました。
なんだろう? すると、宿の前の花屋さんにも「こうやまき」と書いて
あるではないですか。寄ってみると、それは松のような、杉のような、
東京ではあまり見かけない木の枝、「高野槇」だったんですね。

気温が低くて花の少ない高野山で、花の代りにお仏壇などに上げていたのが
「こうやまき」なのです。しかも、3カ月から4カ月は持つほど丈夫。
前回、試しに買って帰り、仏壇に上げたら、確かに4か月ほど持ちました。

それがあって、今回も初日にゲット。帰るまでの3日間、水も上げずに新聞に
くるんだままでしたが、まったく問題なし。旅行から2週間ほど経ちますが、
枯れるどころか、まだまだ青い芽がいくつも出てきています。

一束300円ほど。こんなに安くて、高野山を長く感じることのできるお土産は
そうそうないなあと、毎日楽しみながら眺めています。

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=--=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
◆このメールマガジンのバックナンバー
 http://www.arias.co.jp/mailmaga/back.html
◆購読申し込みや登録情報の変更、解除は
 アリア → http://www.arias.co.jp/mailmaga/index.html
 まぐまぐ→ http://www.mag2.com/m/0000270590.html
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=--=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
有限会社アリア 代表取締役 松本すみ子
発行日:2015月6月8日
〒104-0061 東京都中央区銀座6-6-1 銀座風月堂ビル
Tel:03-5537-7130  FAX:03-5537-5281
◆アリア「おとなの時代」  http://www.arias.co.jp/
◆NPO法人シニアわーくすRyoma21  http://www.ryoma21.jp
◆松本すみ子の団塊消費動向研究所
 http://www.arias.co.jp/news/2009/004.html
◆団塊世代のための定年準備講座
 http://www.arias.co.jp/news/2009/027_3.html
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=--=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

アリア ロゴ 有限会社アリア
東京都中央区銀座6-6-1 銀座風月堂ビル5F 
TEL: 03-5537-7130 FAX:03-3430-1341 e-mail:info*arias.co.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスに工夫をしています。「*」を@に変更して送ってください。
 
 
copylight 2004-2008 arias All rights reserved.