メールマガジン「おとなの時代」の最新号です。
バックナンバーはこちらで。
購読や中止は、こちらで。

 「おとなの時代」第82号 2015年8月19日発行 

  「女性の家事力が新ビジネスに」

アリアの松本すみ子です。

旅行好きの私は、出張の機会にはスケジュールにゆとりがあれば、1泊して
その近隣の名所・旧跡に寄ることを楽しみにしています。

ところが、最近はホテルが取れないのです。まあ、夏休みということも
ありますが、外人観光客が増えているためもあるとか。
それにしても、今まで、1泊6〜7千円程度のビジネスホテルの宿泊費が
2万円とか、3万円の値付けになっているのはどういうことでしょう。
これって、便乗値上げ?

〜〜〔目次〕 アリア「おとなの時代」  http://www.arias.co.jp/ 〜〜

【今月の視点】 女性の家事力が新ビジネスに

【アリアの最新ニュース】
 ・アクティブシニアレポ「同級生との手作り山小屋は心のオアシス」
 ・健康と若々しさは楽しむスポーツから:シニアサイクリストが増殖中
 ・恒例の「シニアライフコーディネーター講座」で今年も講師に
 ・品川シルバー大学で「セカンドライフ設計」の連続講座を担当しました
 ・NPO活動1:読売新聞が宮城と岩手の震災聞き書き冊子を紹介
 ・NPO活動2:ジャズ同好会女性グループが仙台ストリートジャズに出演

【編集後記】 求む! シニアの料理人

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜今月の視点〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

【今月の視点】 女性の家事力が新ビジネスに

専業主婦がほとんどだった時代、
「私なんて、掃除、洗濯、炊事とか、家事くらいしかできなくて」
と言う謙虚な方たちが、たくさんいました。
時代が進んだ今、これからも市場の拡大が予想される家事代行サービスは
掃除、洗濯、炊事が主な仕事。「家事ができる女性」は貴重な戦力です。

その女性たちの家事力が新しいビジネスの可能性を広げ、シニア世代の
活躍の場をも創っています。

子供が学校で使う袋物を製作し、ネットショップで販売している
という女性に会いました。共稼ぎなどで子供に作ってあげる時間や余裕の
ないお母さんたちの需要が、結構あるのだそうです。

この種のハンドメードショップは、「ミンネ」「クリーマ」「テトテ」
「いいち」「dクリエイターズ」など、ネット上にいくつもあります。
趣味の手作り物を出品することから始まり、副業や本業にまで発展する人も
います。1点物だから人気があるのです。
もちろん、それなりのクオリティがなければ売れませんが。

この続きはこちらで
→ http://www.arias.co.jp/seniorlife/0004.html

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜最新ニュース〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

◆アクティブシニアレポ「同級生との手作り山小屋は心のオアシス」

『FINANCIAL FORUM』夏号の連載「はつらつセカンドステージ」。
今回紹介したのは、高校の同窓会がきっかけになって、東京都桧原村に
自分たちの手で山小屋を造ってしまった男性たちです。
地域の人たちとの交流しながらの山小屋生活は本当に楽しそうです。

→ http://www.arias.co.jp/news/2015/023.html

◆健康と若々しさは楽しむスポーツから:シニアサイクリストが増殖中

ダイヤ高齢社会研究財団の季刊誌『Dia News』の連載コラムに、
「風を切って走る爽快感に年齢は関係なし 〜シニアサイクリストが増殖中」
を掲載しました。自転車って気持ちいいですものね。はまっている人の
お話も伺いました。でも、怪我にはくれぐれもご用心!

→ http://www.arias.co.jp/news/2015/026.html

◆恒例の「シニアライフコーディネーター講座」で今年も講師に

関東シニアライフアドバイザー協会が開催している「シニアライフ
コーディネーター講座」が、9回目を迎えます。
松本は毎回初日のプログラムを担当させていただいていますが、今年も
受け持つことになりました。
関心のあるかたは、直接、関東SLA協会にお問合せを。

→ http://kanto-sla.com/open-seminars/

◆品川シルバー大学で「セカンドライフ設計」の連続講座を担当しました

今年の品川シルバー大学は全部で4回の講座。そのうちの第1回と第2回を
松本が担当しました。
第1回のテーマは「わがよきセカンドライフを実現するために」。
地域デビューのための情報と方法をお話しました。
2回目は「セカンドライフ設計のためのワークショップ」。他の参加者との
交流も交え、自分自身を評価し、前に踏み出すきっかけとなるワークを
行っていただきました。

講座の中で、「もう一度、何かやってやる!と思っている人は手を上げて」と
聞いてみました。すると、待ってましたとばかりに、男女を問わず、
かなりの人が手を上げたのです。これには驚きました!

問題は何をやるのか。それがなかなか見つけられないことです。
人材はいる、でも、その能力を発揮できるアイデアがない。
リタイア世代の再活用は、日本にとっての大きな課題だと思います。

◆NPO活動1:読売新聞が宮城と岩手の震災聞き書き冊子を紹介

NPOのメンバーと作った聞き書き冊子『あの日を忘れない 東日本大震災を
語る』のご購入を、前々回のメルマガでお願いしたところ、たくさんの
方々にご注文をいただきました。ありがとうございました。
皆様の善意を受けて、今後の福島編の作成、頑張ります!

そして、この冊子が7月21日の読売新聞全国版で紹介されました。
→ http://kikigakist.ryoma21.jp/article/422725639.html

おかげさまで、その後も注文が相次ぎ、増刷へ。また、読売新聞の記事が
きっかけで、新潟のラジオ番組「FM PORT」に松本が出演しました。
→ http://kikigakist.ryoma21.jp/article/423327049.html

聞き書きの活動は、やっと、いろいろな反響をいただけるようになって
きました。近々、また新しい動きをご紹介できる予定です!

◆NPO活動2:ジャズ同好会女性グループが仙台ジャズフェスに出演

仙台のイベントの一つに「定禅寺ストリートジャズフェスティバル」が
あります。世界中から、プロ・アマを問わず、ミュージシャンが集まる
音楽会です。東日本大震災の年、ジャズ同好会の有志が被災地を励まそうと
出演を果たしました。

そして、4年後の今年、今度は女性メンバーが応募し、見事に選考を
パスして、再び出演できることになりました。おめでとう!

ということで、「GG4+」という名で、9月13日(日)14:55から
30分、定禅寺通りのステージで演奏します。お近くの方は、ぜひ、
お立ち寄りください。

→ http://jazz.ryoma21.jp/article/422882014.html

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

【編集後記】 求む! シニアの料理人

「なみへい」と「フネ」といえば、サザエさんの世界ですが、私の友人・
川野真理子さんはレストランの名前にしています。どちらの店も
「東京からふるさと起こし」を謳った地域活性化目的のご当地飲食店。
「地方の農業・漁業に少しでも現金を!」と、月替わりで、地方の
美味しいものを紹介しています。

その川野さんから「フネで、シニア世代の料理人を探しています」
というメールが来ました。正社員ではなく、週に3〜4回程度なら
働けるという元プロの方がいれば有難いとか。

彼女のところも、御多分にもれず、人手不足のようです。
心当たりがある方は、ぜひ、ご紹介を!
TEL.03-6666-5963(12:00?17:00まで)

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=--=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
◆このメールマガジンのバックナンバー
 http://www.arias.co.jp/mailmaga/back.html
◆購読申し込みや登録情報の変更、解除は
アリア → http://www.arias.co.jp/mailmaga/index.html
まぐまぐ→ http://www.mag2.com/m/0000270590.html
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=--=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
有限会社アリア 代表取締役 松本すみ子
発行日:2015月8月19日
〒104-0061 東京都中央区銀座6-6-1 銀座風月堂ビル
Tel:03-5537-7130  FAX:03-5537-5281
◆アリア「おとなの時代」  http://www.arias.co.jp/
◆NPO法人シニアわーくすRyoma21  http://www.ryoma21.jp
◆松本すみ子の団塊消費動向研究所
 http://www.arias.co.jp/news/2009/004.html
◆団塊世代のための定年準備講座
 http://www.arias.co.jp/news/2009/027_3.html
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=--=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

アリア ロゴ 有限会社アリア
東京都中央区銀座6-6-1 銀座風月堂ビル5F 
TEL: 03-5537-7130 FAX:03-3430-1341 e-mail:info*arias.co.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスに工夫をしています。「*」を@に変更して送ってください。
 
 
copylight 2004-2008 arias All rights reserved.