メールマガジン「おとなの時代」の最新号です。
バックナンバーはこちらで。
購読や中止は、こちらで。

 「おとなの時代」第88号 2016年2月23日発行 

  ペットが先か、自分が先か

アリアの松本すみ子です。

東日本大震災から間もなく5年になります。
震災後、取材で訪問した福島県南相馬市の小高地区の商店街は、一見、
なんともなさそうなのに、よく見れば、どの家もカーテンや扉を閉ざし、
その静けさに、あらためて事の重大さを認識したものでした。

その小高地区は、この春ようやく、住民が戻れる状態になるようです。
どのくらいの人が戻ってくるのか。再建は容易ではないでしょう。

先日、ポーランドを旅しました。首都ワルシャワは、第二次世界大戦で
完璧なまでに街並みが破壊されました。
しかし、戦後、市民が、昔の絵画や写真などをもとに、レンガのヒビに
至るまで丹念に修復し、復活させました。それが世界遺産として評価です。
ドイツのドレスデンでも、これと同じような話を聞きました。
市民の不屈の精神はすごいものだなと思います。

小高の皆さんにもぜひ頑張って、町を復活させてもらいたい。
ただ、福島が難しいのはワルシャワのように、情熱があればできる
というわけではないことです。やはり放射能は怖い。
どんなに頑張りたくても、ふるさとが帰宅困難地域になってしまって
いれば、不屈の思いも行き場がありません。

まだまだ試練は続きます。
私たちにできるのは決して忘れないこと。それしかないと思います。

〜〜〔目次〕 アリア「おとなの時代」  http://www.arias.co.jp/ 〜〜

【今月の視点】 ペットが先か、自分が先か

【アリアの最新ニュース】

・BS−TBS「ニュースまるわかり」に出演しました!
・アクティブシニア紹介:講座で出会った仲間と生きがい支援活動へ
・「エンディングノート」と「セカンドライフ設計ノート」
・東京都福生市で「シニアも活用しよう!SNS」を担当
・愛知県生涯活躍社会づくりシンポジウムで講演と進行役を担当
・シニアの楽しむスポーツ:南フランス発祥のゲーム・ペタンクって?

【編集後記】 ポーランドへの旅

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜今月の視点〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

【今月の視点】 ペットが先か、自分が先か

どこの講座だったか、「捨て犬の里親になるというボランティアがあったので、
飼いたいと申し込んだら、60歳(65歳だったかも...)以上はだめと
言われたんです」と話しかけてきた女性がいました。
そんな規則、あるの?

たしかに、犬とか猫とか10年以上も生きる動物を飼うことは、
高齢者にはリスク(いや、飼われたペットにこそリスク)かもしれません。
自分が先に亡くなるならまだしも、ペットが後に残されて、世話をして
くれる人がいなかったらと、今や家族同然のペットを目の前にして、
思い悩んでいる人たちもいることでしょう。

それで思い出したのが、ある夫婦のことです。
この続きは  → http://www.arias.co.jp/seniorlife/0009.html

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜最新ニュース〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

◆BS−TBS「ニュースまるわかり」に出演しました!

前号でお知らせしたように、BS-TBSの「土曜ニュースまるわかり!」に
出演しました。テーマは生涯現役。というと、すぐに再雇用されることと
思う人がいますが、そうではありません。

現役時代に比べて、むしろ、第二の人生での働き方や活動のほうが、
どれだけ自由で多くの可能性があるかを伝えたくて、本番に臨みました。
十分ではなかったかもしれませんが、多様な選択肢があることを
理解していただければ幸いです。

キャスターの三雲孝江さんは頭が回転する分だけ言葉に出るという感じで、
聡明さが際立っていました。それに、美しい。
もう一人のキャスター・経済ジャーナリストの渋谷和宏さんは日経BPの
出身で、「日経ビジネス」の編集長などもされていたそうです。

→ http://www.arias.co.jp/news/2016/005.html

◆アクティブシニア紹介:講座で出会った仲間と生きがい支援活動へ

静岡に「静岡団塊創業塾」というNPOがあります。
理事長の原田和正さんは会社員時代「うつ」になりました。
しかし、思い切って仕事を変えてみると、実は自分の性格は別のことに
向いているのだと気がついたといいます。
そして、自治体の創業塾を受講。出会った仲間と、活動を開始しました。
自分の可能性を発見した人の新たな生き方の物語です。

→ http://www.arias.co.jp/news/2016/003.html

◆愛知県生涯活躍社会づくりシンポジウムで講演と進行役を担当

愛知県政策企画局が主催する「生涯活躍づくりシンポジウム」で、基調講演と
シンポジウムのコーディネーターを担当しました。150人定員のところに、
それ以上の参加者が集まったということで、会場は満員でした。

本来の狙いは、定年後の社会参加の重要性・必要性を主に企業の人事担当者に
理解してもらい、各企業で定年後の社会参加に向けた効果的な研修等を
行ってもらうことだったようですが、どうも、自分の将来を考える参考に
したいと集まった方々も多かったようです。

サラリーマンなら、誰にでも定年がきます。以前に比べて、現役時代から
自分の第二の人生に思いを馳せる人が増えているように思います。

→ http://www.pref.aichi.jp/soshiki/kikaku/aichi-presenior-symposium.html

◆シニアの楽しむスポーツ:南フランス発祥のゲーム「ペタンク」

ある日、公園のベンチで休んでいたら、60代、70代と思しき男性たちが、
なにやら金属の球を投げて、一喜一憂しています。
なんだろう?と思って、聞いてみたら、これが「ペタンク」。
南フランス発祥のスポーツ。日本ではシニア世代に人気のようです。

→ http://www.arias.co.jp/news/2016/004.html

◆「エンディングノート」と「セカンドライフ設計ノート」

桶川市と日本秘書協会で「セカンドライフ設計」の講座を担当しました。
「エンディングノート」がたくさん売れているようですが、私はその前に、
まず、第二の人生をどう生きるかを考えることが大事だと思っています。
「エンディングノート」は残される人のため、「セカンドライフ設計ノート」
は、自分がもう一度輝くためのノート。
「エンディングノート」を買っただけで、安心してはいけません。

◆「シニアも活用しよう!SNS」を担当

地域デビュー講座の一環として、SNS講座を開きたいというご要望を
自治体からいただきました。スマホやタブレッをも持っていない人も
対象にしたいとか。ガラケーではSNS体験は無理です。

そこで、NPOのITグループに相談し、機材を貸してくれそうなキャリアに
協力を依頼しました。先方もビジネスなので、どうしても多少はPRが
入ります。お互いに、少々我慢もしていただいて講座が実現しました。

自治体の講座で難しいのは、協力は得たいけど、特定の企業のRRに
なるのは困るということ。しかし、SNSは災害時には、シニアにとっても
重要なツール。普及を促すための協力が欠かせないと思います。

うちのようなNPOがその仲介の役目を果たすことができればいいなと思います。

◆松本が担当する講座、担当した講座の一覧はこちら
→ http://www.arias.co.jp/news/2016/001.html

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

【編集後記】 ポーランドへの旅

一度はアウシュビッツを見ておくべきという思いがあり、格安ツアーが
出たのをチャンスと、ポーランドの旅に出かけました。
アウシュビッツ見学は永遠に心に刻んでおくべき体験でしたが、それは
それとして、ポーランドはとても魅力的な国でした。
旅好きな方にはおすすめです。

私には珍しく、詳しいレポート書きました。お暇だったら読んでください。
ポーランドへの旅 → http://www.arias.co.jp/seniorlife/0008a.html
アウシュビッツへの旅 → http://www.arias.co.jp/seniorlife/0008b.html

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=--=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
◆このメールマガジンのバックナンバー
 http://www.arias.co.jp/mailmaga/back.html
◆購読申し込みや登録情報の変更、解除は
アリア → http://www.arias.co.jp/mailmaga/index.html
まぐまぐ→ http://www.mag2.com/m/0000270590.html
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=--=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
有限会社アリア 代表取締役 松本すみ子
発行日:2016月2月23日
〒104-0061 東京都中央区銀座6-6-1 銀座風月堂ビル
Tel:03-5537-7130  FAX:03-5537-5281
◆アリア「おとなの時代」  http://www.arias.co.jp/
◆NPO法人シニアわーくすRyoma21  http://www.ryoma21.jp
◆松本すみ子の団塊消費動向研究所
 http://www.arias.co.jp/news/2009/004.html
◆団塊世代のための定年準備講座
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=--=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

アリア ロゴ 有限会社アリア
東京都中央区銀座6-6-1 銀座風月堂ビル5F 
TEL: 03-5537-7130 FAX:03-3430-1341 e-mail:info*arias.co.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスに工夫をしています。「*」を@に変更して送ってください。
 
 
copylight 2004-2008 arias All rights reserved.