メールマガジン「おとなの時代」の最新号です。
バックナンバーはこちらで。
購読や中止は、こちらで。

 「おとなの時代」第90号 2016年4月25日発行 

 頑張れ!九州応援号

アリアの松本すみ子です。

熊本地震には驚きました。
東日本大震災からちょうど5年後、またしても大きな地震と災害が
日本を襲いました。しかも、九州で。

5年前、東日本大震災が起きた直後の3月末に、九州新幹線は開業しました。
当時放送された「祝!九州 九州新幹線全線開通」のTVCMは、
沿線の人たちがたくさん参加していて、とても印象的なものでした。
東日本大震災がなければ、もっと話題になっていたのにと思ったものです。

部分的にストップしていた九州新幹線も28日には全線開通するとか。
そして、あの九州新幹線CMもまた人気だそうです。
開通を祝う人たちが沿線に並び、手を振り、喜びを爆発させている様子を
見ることは、地元の皆さんへの思いとつながるのでしょう。

→ https://www.youtube.com/watch?v=UNbJzCFgjnU

被災した皆さんと九州新幹線が、あのCMのような明るい日常と元気を、
一刻も早く取り戻してくださることを祈るばかりです。

〜〜〔目次〕 アリア「おとなの時代」  http://www.arias.co.jp/ 〜〜

【今月の視点】 「キャリアカウンセラーが国家資格に」で思うこと

【アリアの最新ニュース】
 ・徳島県美馬市CCRC事業記念講座「生涯活躍社会の実現を目指して」で講演
 ・アクティブシニアレポート「地域でやるべきは高齢者の困りごとサポート」
 ・『高齢者・アクティブシニアの本音・ニーズ発掘と製品開発』に寄稿
 ・神奈川県鎌倉社会福祉協議会で「60歳からの男性のくらし学」を担当

【編集後記】大人の手相学「掌(たなごころ)」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜今月の視点〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

【今月の視点】 「キャリアカウンセラーが国家資格に」で思うこと

定年を機に、あるいは定年後のことを考えて、資格を取った方もいるのでは
ないでしょうか。私の周辺では、キャリアカウンセラーの資格を取った人が
かなり多かったように記憶しています。

多くが民間資格だったキャリアカウンセラーですが、このほど、
厚生労働大臣が認定する講習の課程を修了し、学科試験や実技試験に
合格した人には、国家資格が与えられることになりました。
→ http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000104890.html

私が認定を受けた日本産業カウンセラー協会のキャリアコンサルタント
養成講習もそのひとつ。なので、私も今後、正式な手続きを経て、
国家資格保持者となれるようです。

これを機会に、人はどんな時に、キャリアカウンセリングなどという
仕事に関心を持つのかを考えてみました。
結局は、自分自身のためなのではないかと思うからです。

この続きはこちらで
→ http://www.arias.co.jp/seniorlife/0012.html

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜最新ニュース〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

◆アクティブシニアレポート「地域でやるべきは高齢者の困りごとサポート」

京都経済研究所発行の『FINANCIAL FORUM』春号が発行されました。
今回、松本の連載「はつらつセカンドステージ」にご登場いただいたのは、
添田善男さん。足立区でお年寄りの暮らしをサポートするNPOを立ち上げ、
仲間を募って活動しています。

財政が厳しくなり、介護保険の対象は絞られるばかり。はみ出した不便や
要望をどうする! 添田さんは、定年後の地域活動でまずやるべきことは、
高齢者の困りごとサービスだと考えたのです。それは、いずれ自分にも
降りかかってくる課題だと思っているからです。

添田さんの詳しい紹介記事は
→ http://www.arias.co.jp/news/2016/011.html

◆『高齢者・アクティブシニアの本音・ニーズ発掘と製品開発』に寄稿

技術情報協会発行の『高齢者・アクティブシニアの本音・ニーズの発掘と
製品開発の進め方』という長いタイトルの研究書に、松本の原稿が
掲載されました。

全492ページのうち、私の部分は9頁。
テーマは「親世代、シニアの本音 〜子世代認識とのギャップ〜」です。
団塊世代以後を「ニューシニア」、それより上の世代を「リアルシニア」と
名づけて論じてみました。シニアも年代で違うことを理解する必要があると
思ったからです。

お時間があるときに、読んでみてください。
→ http://www.arias.co.jp/news/2016/010.html

定価80,000円は正直高いですが、いろんな方が執筆しています。
詳細は、技術情報協会の紹介ページでご確認ください。
→ http://www.gijutu.co.jp/doc/b_1843.htm

◆徳島県美馬市CCRC事業記念講座「生涯活躍社会の実現を目指して」で講演

政府は地方創生プログラムの一環として、CCRCを支援促進する方針を
打ち出しました。CCRCとは、継続介護付きのリタイアメント・コミュニティ
のことで、過疎などで人口が減少する地方に、バリアフリーの高齢者向け
住宅や活動拠点をつくり、健康なうちに移り住んでもらおうというものです。

この考え方はアメリカで生まれたもので、サンシティなどのモデル都市は
早くから日本でも有名でした。この考え方を参考にしたのが日本版CCRC。
多くの地方自治体が、CCRCに名乗りを上げています。

徳島県美馬市もその一つです。
松本は、美馬市版CCRC立ち上げのキックオフセミナーで、
「生涯活躍社会の実現を目指して」というテーマで講演しました。

CCRCに関しては、いろいろな意見があるのですが、人口減少をできるだけ
食い止めようとする自治体の必死の思いも理解できます。
美馬市は、うだつ(「うだつが上がらない」のうだつ)や藍染めが特産の
風光明媚な土地。箱モノだけでなく、移住者の活躍の場づくりを重要視
して、美馬市らしいCCRCの誕生を期待したいと思います。

美馬市に関心のある方は
→ http://www.city.mima.lg.jp/index.html

◆神奈川県鎌倉社会福祉協議会で「60歳からの男性のくらし学」を担当

私がこの仕事を始めたころは、地域デビュー講座の受講者のほとんどが
女性でした。しかし、最近は男性が増え、多くの講座で逆転現象。
そして、定年後の生き方が定まらない男性に特化した講座も増えてきました。

鎌倉のこの講座もタイトル通り、男性がターゲットの連続講座。
同性だけの気軽さもあり、しかし、まだ抜けないライバルとしての緊張感も
あるようです。焦せることはありません。わがよきセカンドライフのために、
じっくりと考え、学んで、進んで行ってほしいと思います。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜編集後記〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

◆大人の手相学「掌(たなごころ)」

前にも書いたのですが、今、手相を勉強しています。
私にとって、手相は占いではなく、自分の行動の指針を見るもの。
経験を積んだ私たち世代も、生きていれば、それなりに悩むことは多く、
自分なりの決断や判断をする機会も少なくありません。

私たち世代の悩みは、結婚だ、恋愛だ、成功したいという若い人とは
少し違うと思います。手相の見方も違ってきます。
ここでは毎回、私が学んだ知識を、大人の手相学として、少しずつ
ご披露していきます。そのうちブログでも作ろうかな。

ということで、第1回です。
手相を見てもらうときのように、両手を差し出してください。

【広げた手】
・手のひらを大きく開いて差し出した人は、おおらかな人です。
少々のことは気にしません、でもって、マイペース。
・逆に、指を閉じ気味で差し出した人は几帳面で、小心。

【右手と左手の線が違う?】
・手のひらの線が左右で人と違う人がいます。
・左右対称の人は「大器晩成型」。正直で、嘘をついてもすぐばれる。
・左右で違う人はマルチタイプ。いくつもの性格や才能がある人。
欠点は飽きっぽく、中途半端、器用貧乏。

松本は完全にマルチタイプです。まさに、器用貧乏。
なんでもやりたがり屋。年齢的にも、力をいれるべきものを絞る必要が
ありそうです。でも、また手相なんか始めてるし。懲りない!

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=--=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
◆このメールマガジンのバックナンバー
http://www.arias.co.jp/mailmaga/back.html
◆購読申し込みや登録情報の変更、解除は
アリア → http://www.arias.co.jp/mailmaga/index.html
まぐまぐ→ http://www.mag2.com/m/0000270590.html
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=--=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
有限会社アリア 代表取締役 松本すみ子
〒104-0061 東京都中央区銀座6-6-1 銀座風月堂ビル
Tel:03-5537-7130  FAX:03-5537-5281
発行日:2015月4月25日
◆アリア「おとなの時代」  http://www.arias.co.jp/
◆NPO法人シニアわーくすRyoma21  http://www.ryoma21.jp
◆松本すみ子の団塊消費動向研究所
http://www.arias.co.jp/news/2009/004.html
◆団塊世代のための定年準備講座
http://www.arias.co.jp/news/2009/027_3.html
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=--=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

 

アリア ロゴ 有限会社アリア
東京都中央区銀座6-6-1 銀座風月堂ビル5F 
TEL: 03-5537-7130 FAX:03-3430-1341 e-mail:info*arias.co.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスに工夫をしています。「*」を@に変更して送ってください。
 
 
copylight 2004-2008 arias All rights reserved.