日本秘書協会でキャリア関連のワークショップを開催
20004年2月20日  
 
 

社団法人日本秘書協会で、キャリア・ワークショップを担当しました。

社団法人日本秘書協会は、秘書業務に関わる方々に、能力開発向上の支援と情報共有の場を提供しています。主要な活動には、バイリンガル秘書の養成と資格講座の開催、その実力を証明する資格試験CBS(国際秘書)検定試験の実施、各種セミナーの開催などがあります。

その活動の一つである秘書交流会で、「未来の自分を創り出すキャリアプランを考える」というテーマの元に、ワークショップを開催しました。

当日は参加者が25名と会場は満員の状態。中には大阪から来られた方もいました。秘書という職業は、岐路に立っています。このまま秘書でいいのか、そういう思いを抱いている人たちが、いかに多いかを改めて実感しました。

今回、好評だったこともあり、秘書協会では小人数の本格的ワークショップを開催することを計画しています。興味のある方は、日本秘書協会にお問合せください。

また、このテーマで、ワークショップやセミナーの開催をご希望の方は、info@arias.co.jp まで、ご連絡をお願いします。

≪日本秘書協会ワークショップ≫

テーマ:「未来の自分を創り出すキャリアプランを考える」

長く働いていると、閉塞感や焦燥感を覚えることはありませんか。
「私の能力は他でも通じるの?」「そろそろ秘書の仕事でないこともしてみたい」。
また、企業が様々な変革を進める中で、まったく異なった部署に配属が変る可能性もあります。

自分が今まで何を見につけ、何を提供してきたのか、今後足りないものは何か、何よりも自分はどう働き、どう生きて行きたいのかを自分自身で分析してみることは、とても重要です。

実習や意見交換を交えながら、そのヒントをつかんでいだだきたいと思います。

日時:2004年2月19日(木)19:00〜21:00

ディスカッション・リーダー:松本すみ子(有限会社アリア代表取締役、産業カウンセラー、
      キャリアコンサルタント、武蔵野大学キャリアアドバイザー)
      著書:「心理系の仕事を見つける本」(中経出版社)

コーディネーター:葦原美和子(日本秘書協会 理事)

 
 

copylight 2004 arias All rights reserved.