ソニーPS2シニアインストラクター養成事業を開始しました
20004年9月  
 
 

松本すみ子が主宰するNPO法人おとなの暮らしと仕事研究所(愛称:Ryoma21)は、ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCEJ)の協力を得て、プレイステーションを利用した大人のためのテレビゲーム講座「諸兄、ゲームをやろうぜ!」の講師(シニアインストラクター)養成を行うことになりました。
講師養成セミナーは、5月の科学未来館で開催されたプレステの技術展で説明員として活躍いただいた方々を中心に、9月から始まっています。

受講者はセミナー終了後、資格試験と実技試験を経て、10月から開催される講座で、アシスタントとしてデビューします。そして、今後、各地で開催されるおとなのためのテレビゲーム講座」の講師として活躍することになります。

今回の第1期生を核として、第2期生、第第3期生と講師を増やしていく予定です。講師育成講座は、年に2回程度開催します。次回、第2期生養成講座の受講生募集は、決定次第お知らせ致します。

≪第1期講師養成セミナーと資格試験の内容≫

●セミナー:2回コース(2時間×2回)
 日程:2004年9月16日・30日(いずれも木曜日)
 内容:プレイステーションの機能、ゲームの効果、カリキュラム、ソフトの種類、
     講師としての心構えとテクニック、など
 講師:株式会社インターラクト代表取締役/ゲームアナリスト 平林久和氏
 会場:SCEJ社

●資格試験:セミナーの最後に筆記試験と実技試験を行います。

★シニアインストラクターは公的な資格ではありません。
 また、就労を保障するものではありません。

★なお、この活動はNPOおとなの暮らしと仕事研究所の事業です。
 受講希望の方は、正会員加入の手続きが必要です。
 手続き方法は下記のサイトでご覧になれます。申し込み書もダウンロード可能です。

 NPO法人おとなの暮らしと仕事研究所

 

 

 
 

copylight 2004 arias All rights reserved.