ソニーPS2シニアインストラクター養成講座がNHKで紹介されました
20004年10月  
 
 

松本すみ子が主宰するNPO法人おとなの暮らしと仕事研究所(愛称:Ryoma21)は、ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCEJ)の協力を得て、プレイステーションを利用した大人のためのテレビゲーム講座「諸兄、ゲームをやろうぜ!」の講師(シニアインストラクター)養成を行っています。

その講座の様子が、NHKで放送されました。放送日は2004年10月15日金曜日。番組は、19:30〜20:00の特報首都圏」です。

以下は、NHKのWebでの番組紹介です。Ryoma21では、ビデオにて番組を保存しています。

「シニア世代をねらえ 〜中高年のテレビゲーム事情〜」

 売り上げの伸び悩みが続くテレビゲーム業界。その救世主として、開発業者は、今、中高年にも楽しめるソフトの開発を急ピッチで進めている。四国八十八カ所を巡るお遍路ゲーム、懐かしい昭和の名車を操るカーレースゲームなど、中高年の趣味指向を積極的に採り入れた様々なソフトが生み出されている。

この一方で、中高年のゲーム愛好者は徐々に増え始め、世代を越えた仲間づくりやボケの防止、肉体の衰えの回復などに生かしている。番組では、中高年の取り込みを図る開発業者の試みを紹介すると共に、シニア世代へのテレビゲームの普及がもたらす影響と効果について探る。

-->

 

 
 

copylight 2004 arias All rights reserved.