東京新聞「団塊世代 新たな挑戦」にコメント

2005年10月12日
 
 

10月4日付東京新聞の記事「団塊世代 新たな挑戦」に、シニアライフアドバイザーとしてコメントしました。

リードとコメント部分を転載します。

第2の人生への備え

「定年後はどう生きたら」−。長いサラリーマン人生から自由の身となり、戸惑わないためには、やはり定年後の生活設計や準備が欠かせない。2007年から始まる団塊世代の大量定年時代を控え、第二の人生づくりを手助けするセミナーなどが盛況だ。

(松本コメント部分)

シニアライフアドバイザーで、NPO法人おとなの暮らしと仕事研究所(東京)代表理事の松本すみ子さんも、「定年後は生きがいや社会的に貢献できる働き方も考えて。企業も団塊世代の自立を支援する方策を考えてほしい」と話している。

 

 
 
 
最新ニュース一覧に戻る  
 

copylight 2004 arias All rights reserved.