『シニアビジネスマーケット』の特集「アクティブシニアをつかまえて」に登場しました

2009年2月3日
 
 
総合ユニコムの『月刊シニアビジネスマーケット』2月号の特集に、松本が登場しました。

特集のタイトルは
「アクティブシニアをつかまえて 団塊消費の「主役」 〜その虚像と実情」

松本のほかに、下記のタイトルのようなシニアマーケット分野の研究者やマーケッター、専門家がコメントを寄せています。

また、旅行・レジャー、健康・癒し、食、学び、コミュニティ、趣味に関しての具体例も取材。さらに、東京23区在住の60歳以上の「お金の使いみち」のアンケートを行い、一筋縄では捉えきれないシニアマーケットの持つ特質・性向をあらためて描き出すことによって、実態に迫る試みがなされています。

・「実証的効果」と「楽しさ」の両立でアクティブシニア層のニーズをつかめ
  ヘルスツーリズム研究所 所長 古川彰洋氏

・「病的な老化」を抑え、元気な長寿に導く予防医療で男性顧客にもアピール
 赤坂アンチエイジングクリニック院長・医学博士 森吉臣氏

・「脱世代」の発想で、シニアも若者層も取り込めるステージづくりを
 株式会社ゼットン代表取締役 稲本健一氏

・“新しい大人”の平日消費に着目せよ 〜「気持ちリッチ」が商品開発のキーワード〜
 株式会社博報堂 エルダービジネス推進室 チーフコンサルタント 阪本節郎氏

・“オトナ夫婦”主役の時代へ 〜「健康」「経済」産業が突破口に
 株式会社電通 プロジェクト・プロデュース局 シニアビジネス推進部長 西川和樹氏
           電通シニアプロジェクト・メンバー 花島ゆかり氏

・「夫婦二人」より「男性おひとり様」ビジネス支援を 〜消費と雇用の間に団塊ニーズ潜む〜
 有限会社アリア 代表取締役 NPOシニアわーくすRyoma21理事長 松本すみ子

・50〜60歳代を核とした「家族マーケット」を狙え 〜シニアの「周辺」ニーズに応え新たな市場を創出
 株式会社シニアコミュニケーション 代表取締役社長 山崎伸治氏

 
 
 
最新ニュース一覧    トップページ
 

copylight 2004 arias All rights reserved.