リクルート『住宅情報』に「親と子で考えるライフデザインと住まい」のアドバイスとコメントが掲載されました

2009年3月27日
 
 

リクルート『住宅情報』の5月号の特集は、「親と子で考えるライフデザインと住まい」。

リタイア後の生活拠点をどうするかと考えた時、都心に住み替えるという選択肢もそのひとつです。では、都心に住み替える意味やメリットは何なのか。今の家をどうしたらいいのか。シニアの都心暮らしを分析したのが、今回の特集です。

リタイア世代のライフスタイル、親子の距離と関係性、都心マンションの選び方、住みよいマンションの条件、も含めたさまざまな観点から、資金計画の立て方、前の家の処分、老後資金の考え方、資産の保線と運用のポイントなど、幅広い観点で取り上げています。

松本は、4ページにわたって、随所に登場。ほかに、マンション評価ナビ代表の大久保恭子さん、ファイナンシャルプランナーの吉野充巨さんもアドバイスとコメントを行っています。

 
 
 
最新ニュース一覧    トップページ
 

copylight 2004 arias All rights reserved.