関西大学の教科書に『そうだったのか!団塊マーケット』の文章が採用されました

2009年10月12日
 
 

関西大学の語学教科書『トピックでみがく留学生のための大学日本語1』に、松本の著書『そうだったのか!団塊マーケット 本気で取り組むビジネス戦略』の一部分が採用されました。

この教科書は、主に、日本の大学で学ぶ外国人留学生を対象にアカデミックなレベルで通じる日本語能力を強化するために開発されたものとか。

著者は、関西大学外国語学部(日本語教育学・第二言語習得)の望月通子教授です。

『そうだったのか!団塊マーケット』の出版元・経済法令研究会を通じて、利用していいかとのお話をいただき、お役に立つならと快く承諾させていただきました。教科書を見ると、多くの単語や語句の部分がブランクになっていて、その部分を埋めなさいという問題です。

これは、日本人でもなかなか難しいのではないでしょうか。相当、レベルの高い留学生のための教科書のようですね。

   

 
 
最新ニュース一覧    トップページ
 

copylight 2004 arias All rights reserved.