ダスティン・ホフマン主演「新しい人生のはじめかた」試写会にご招待

2009年12月1日
 
 

ダスティン・ホフマンとエマ・トンプソンが主演のハリウッド映画新しい人生の始めかたの試写会にご招待します。

松本は配給会社のクロックワークスさんからご招待をいただいて、一足先に見て来ました。その時にお会いした担当の小島さんのご厚意で、アリアに関係のある皆様を試写会にご招待しましょうということになりました。

ご招待は、25組50名様。ご希望の方には、ご招待状をお送りしますので、e-mailにて、下記の申込み先まで、お名前、郵便番号、住所をお知らせください。
   申し込み先 info@arias.co.jp

■締め切り
  2009年 12月25日(金)
 お申し込み多数の場合は、抽選です。 当選発表は、招待券の発送にかえさせていただきます。
 なお、個人情報は招待状の発送後、破棄します。

■試写会日時
  2010年1月28日(木) 18:30開場  19:00上映

■会場
 スペースFS汐留  東京都港区東新橋1−1−16 汐留ビル

■ストーリー
  CM音楽家のハーヴェイ(ダスティン・ホフマン)は、離婚後NYで気ままな一人暮らし。そんなある週末、イギリスで働く一人娘の結婚式でロンドンへ行くことに。しかし宿泊先のホテルは最悪、トラブルで仕事は完全に干され、挙句、娘は義理の父とバージンロードを歩くという。絶望的な気持ちでヒースロー空港のバーで自棄酒を呷るハーヴェイ。
 一方、空港で働くケイト(エマ・トンプソン)は、婚期を逃した40代。神経質な老いた母親を抱えながらも明るく生きる彼女に、周囲は良い相手を紹介しようとするが、いつも楽しい場の雰囲気に馴染めず孤立してしまう。

そんな人生の折り返し地点を過ぎた2人の男女が、偶然にも、夜明けまでロンドンの街で一緒に過ごすことに…。
ハリウッドを代表する名優×イギリスを代表する演技派女優の豪華オスカー俳優共演!
人生をやり直すのに、遅すぎることはない――近代と伝統が融合する街ロンドンを舞台に、ひとつの出会いが希望の扉を開く、心浸いる優しい物語。

 

■松本の感想
  私たち世代には懐かしい映画「卒業」。あのラストシーンは衝撃的でした。いまだに、少しずつ形を変え、多くの映画や演劇に真似されていますね。あれから何年経つのでしょうか。主役のダスティン・ホフマンもずいぶん歳をとってしまいました。その代り、年相応の味が加わっています。
  ストーリーも、年代も違うけど、ラストシーンでは、なぜか「卒業」のラストシーンを思い出してしまいました。卒業の主人公と同じ一途な思いがあふれていました。。見た後、ほっこりと癒される大人のラブストーリーです。肩の力を抜いて見に行きましょう。

              

■ロードショー
  2月6日(土)より、TOHOシネマズ・シャンテなどで上映予定。

 
 
 
最新ニュース一覧    トップページ
 

copylight 2004 arias All rights reserved.