別冊宝島「人生楽しむ『お金』入門」に登場しました

2011年9月23日
 
 

 宝島社が発行した別冊宝島の「人生を楽しむ『お金』入門」に松本が登場しました。このMOOKは資産“運用から住宅、シニア就業ガイドまで、第一線のエキスパートが最新動向とノウハウを解説する」がキャッチフレーズ。「老後のお金を知る」、「老後の運用を知る」、「老後の住まいを知る」、「老後の仕事を知る」、「人生の楽しみを知る」の5章から成り立っています。

 松本が登場するのは「老後の仕事を知る」の部分。「定年後は雇われ発想から脱却する 〜地域貢献活動も仕事になる」と題して、お話しています。現代のシニア世代は心身ともに若いのです。年金を頼りに個人的な趣味活動をするだけでは、満足できるはずがありません。年金をもらいながら、適度な社会貢献活動で少しでも収入のある生き方をめざす「年金兼業生活」が理想です。

 地域社会をよく見渡してみれば、そのヒントとなる情報はたくさんあります。自治体や諸団体なども後押ししています。そんな情報も掲載してあります。

  
<クリックすると拡大して見られます>

 価格は税込み980円。ただ今、書店で発売中です。また、下記のアマゾンサイトから購入することができます。

?

 
 
最新ニュース一覧    トップページ
 

copylight 2004 arias All rights reserved.