京都総合経済研究所『FINANCIAL FORUM』秋号は「生まれ育った茅葺き屋根の自宅をサロンに」

2011年10月28日
 
 

京都銀行系列のシンクタンク「京都総合経済研究所」が発行する『FINANCIAL FORUM』2011年秋号No.94が発行されました。

松本が担当するのは「はつらつセカンドステージ」。
今回で連載第20回目となります。

生まれ育った茅葺き屋根の自宅をサロン「可喜庵」に
 〜古民家で日本人の記憶を伝え、再発見につなげる〜

東京都町田市の一角に、「可喜庵」というサロンがある。江戸末期に隠居小屋として建てられた古民家を改装し、若手芸術家のギャラリーやミュージシャンの演奏会場、手づくり作品の教室などに貸し出しているのは鈴木亨さん(64歳)。祖先が残した古民家を開放し、様々な出会いを演出することで、自分自身の再発見にもつなげたいという。2009年には屋根の葺き替えにも多くのボランティアが参加した。

『FINANCIAL FORUM』は季刊誌です。毎号、活躍するシニア世代、第2の人生の生きがいについて、さまざまな情報をお伝えしていきます。

第1回第2回第3回第4回第5回第6回第7回第8回第9回第10回第11回 第12回 
第13回第14回第15回第16回第17回第18回第19回の記事もご覧ください。

【掲載記事】クリックすると大きな画面で読むことができます。

   

 
 
最新ニュース一覧    トップページ
 

copylight 2004 arias All rights reserved.