『公明新聞』で「円満ご近所付き合い」の連載を開始

2012年4月1日
 
 

 3月30日から、公明新聞の「いきいきシニアライフ」ページで、「円満ご近所付き合い」というタイトルの連載を行いました。

 東日本大震災を契機に、地域の結びつきの重要性が再認識されています。一方で、定年退職を迎えたばかりの世代を中心に、近所付き合いを苦手にしているシニアも少なくありません。そこで、トラブルなどを回避しつつ、近隣と円満に付き合うためのコツを紹介しています。

 この記事は、毎週金曜日(月末最終週を除く)に、7月まで計14回掲載されました。

「円満ご近所付き合い」  <クリックで拡大>

◆第14回 7月20日 防犯・防災 自分は自分で守り、地域は互助

◆第13回 7月13日 ボランティア 好きな活動 無理せず継続、が原則

◆第12回 7月6日 個人情報  利用目的・分野以外に使わない

◆第11回 6月29日 孤立死 向こう三軒両隣で守り合う

◆第10回 6月15日 世代間交流 地域に新住民や若年層の息吹を

◆第9回 6月8日:住み開き 高齢者宅の一室を地域交流の場に

◆第8回 6月1日:一人暮らし 助け合いの精神で孤立を防ぐ

◆第7回 5月18日:自治会役員 地域貢献、仲間つくる貴重な機会

◆第6回 5月11日:地域になじむ 町歩きや商店街での買い物から

◆第5回 5月4日:地域デビュー 家族のつながり通し、交遊広げる

◆第4回 4月20日:3大トラブル 騒音、ペット、ごみ出しを冷静に確認

◆第3回 4月13日:自治会 住民の交流や防災、防犯で協力

◆第2回 4月6日:引っ越し あいさつは早めに向こう三軒両隣


◆第1回 3月30日:地域の結び付き  気持ちよい暮らし方に役立つ

 

 
 
最新ニュース一覧    トップページ
 

copylight 2004 arias All rights reserved.