『婦人公論』の「ゆうゆう老後と貧困老後の分岐点」に登場しました

2013年12月5日
 
 

『婦人公論』12月22日、1月7日合併号の特集に、2ページに渡って、松本がアドバイスする記事が掲載されました。

特集の大テーマは「ゆうゆう老後と貧困老後の分岐点」

その中の「悠々自適のはずが三大リスク発生! その時すべきこと」の章の「1.働かない定年夫」を担当しました。すべきこと3カ条として、こんな感じでまとめてあります。
 @まずは「家計の現実」をみせる
 A「昼食は作らない」宣言を
 B高収入の幻想は捨てる

詳しい内容は、下の該当ページをクリックすると、拡大してご覧になれます。


クリックすると拡大して見ることができます

 
 
最新ニュース一覧    トップページ
 

copylight 2004 arias All rights reserved.