中高年齢者雇用福祉協会の『JADAニュース』に私の提言を寄稿しました

2015年6月6日
 
 

一般社団法人中高年齢者雇用福祉協会(JADA)が発行している『JADAニュース』には、1面に各界の方々が意見を発表するコラム欄「私の提言」があります。

その『JADAニュース』6月20日号に、松本が寄稿しました。

タイトルは「高齢者をひとくくりにしない」。

依頼を受けたのは、ちょうど「大阪都構想」の結果が出たばかりの時期。結果は、僅差で「反対派」が勝ったのですが、その要因として、革新的な若者の投票率が低く、保守的な高齢者の投票が多かったからという論調があることに、とても違和感を覚えました。

シニアも世代で考え方が随分違うし、世の中の変化と共に、高齢者の姿も変わってきています。こうしたステレオタイプの見方が、今後の高齢者対策やシニアマーケットに適応すると、必ず間違うと思うのです。それを文章にしてみました。

◆コラム「高齢者をひとくくりにしない」

*クリックで拡大して見られます

 

 
 
最新ニュース一覧    トップページ
 

copylight 2004 arias All rights reserved.