愛知県生涯活躍社会づくりシンポジウム「生涯現役社会の実現に向けて」の実施報告が掲載されました

2016年2月25日
 
 

1月25日に、愛知県生涯活躍社会づくりシンポジウムが名古屋にて開催されました。松本はこのシンポジウムで、「シニアの力 〜生涯現役社会の実現に向けて」のテーマで講演するとともに、続くシンポジムでコーディネーターを務めました。

当日は、150名定員のところに、それ以上の参加者が集まったとか。
本来の狙いは、定年後の社会参加の重要性・必要性を主に企業の人事担当者に 理解してもらい、各企業で定年後の社会参加に向けた効果的な研修等を 行ってもらうことだったようですが、どうやら、自分の将来を考える参考に したいと集まった方々も多かったようです。

                        クリックで拡大 →

サラリーマンなら、誰にでも定年がきます。以前に比べて、現役時代から自分の第二の人生に思いを馳せる人が増えているように思います。

この程、その際の資料や議事録が愛知県のサイトに掲載されました。下記のページでご覧ください。当日の様子の写真や結果評価がないのが残念ですが。

http://www.pref.aichi.jp/soshiki/kikaku/aichi-presenior-symposium.html

 
 
最新ニュース一覧    トップページ
 

copylight 2004 arias All rights reserved.