広島県三原市「生涯活躍のまちづくり事業」でセカンドライフ講座を担当

2016年12月11日

 
 

広島市三原市を訪問しました。

三原市は市内に住むアクティブシニアが、地元で生きがいを持ちながら活躍し、生涯にわたって楽しく生活できるまちづくりを目指す「生涯活躍のまちづくり事業」を展開しています。

年間を通して様々なプログラムを開催しており、その一環として、12月10日(土)に、都市部に住むシニア世代向けに「セカンドライフ応援セミナー」を実施しました。

その講師を、松本が担当しました。

講座は、私の講義に続き、参加者がグループを組んでワークショップ、発表会と続きました。
三原市でも、リタイア後に何をしたらいいかに悩んでいる人は多いようです。その方々のために、行政もいくつかのプログラムを用意しています。

何かしたいリタイア世代。その力を活用して地域を活性化し、シニア世代が元気に暮らす街にしたい行政。
まずは、こうした場で、市民と行政が、それぞれの思いや意識を知り合うことが大事だといえます。

地域活性化といえば、とかく、外部からの力に頼り勝ちですが、地元には力を持て余しているリタイア世代がたくさんいます。この力を上手に引き出して、活用する知恵が求められています。

ワークショップでは熱の入った発表が続き、予定時間をオーバーして終わりました。
*講座の写真はぼかし加工をしてあります)

 

三原市は、3人の息子に力を合わせることの重要性を説いた「三本の矢」で有名な毛利元就の息子、小早川隆景に縁のまち。 

駅前には、隆景が築いた三原城の城壁が美しい姿を見せています。驚いたのは、この城跡の真ん中を山陽本線と山陽新幹線が貫いていること。こういう駅舎は初めて見ました。

私はこの日、次の仕事の関係で、やむなくトンボ帰り。でも、三原駅で名物「たこ飯弁当」を買い込み、新幹線内でおいしくいただきながら、東京へと戻りました。

2月に、また行く予定です。今度は少し時間をとって、三原市の皆さんと交流ができたらと思っています。

 
 
最新ニュース一覧    トップページ
 

copylight 2004 arias All rights reserved.