地方の大学入学者が現象……そうだシニア世代に「もう一度」学問を
地方創生とシニア 『ジモトのココロ』連載 No.15

2017年02月08日

 
 

情報サイト『ジモトのココロ』は、メルマガ配信『まぐまぐ』が運営するサイトです。「地方から日本を元気に」をモットーに、全国のまちづくり、ものづくり、旅行・観光、食・グルメ、移住などの情報を発信しています。

松本は「地域創生とシニア」をテーマに、月に2回ほど連載しています。
連載第15回目の記事が掲載されました。

地方の大学入学者が現象…そうだシニア世代に「もう一度」学問を

大学は今、入学者集めに苦労しています。大学入学年齢の18〜20歳の若者人口が年々減っているため、入学者の奪い合いになっているのです。特に、人口が首都圏に集中しがちなため、地方の大学のとっては死活問題。

そこで、登場したのがシニア世代を積極的に受け入れる大学です。なにしろ、日本には65歳から69歳の人口だけでも、15歳から19歳の約1.7倍もいるのです(総務省統計局)。

この続きは、掲載ページで。

下の画像をクリックすると、「ジモトのココロ」の掲載ページでご覧になれます。

◆全体の掲載リストはこちらです。

 
 
最新ニュース一覧    トップページ
 

copylight 2004 arias All rights reserved.