大人の女性向け『ゆとりら』創刊号の「母と私の60年戦争」で松本が紹介されました

2017年3月15日

 
 

「週刊朝日」から大人の女性向けの雑誌『ゆとりら』が創刊されました。「上質なくらしと健康を楽しむReライフマガジン」がコンセプトです。

この中の特集「私と母の六十年戦争」には、6人の女性が母との関係や確執を語っています。副題は「「お母さんが大嫌い、大嫌い、大好き!」

その一人として、松本も登場しました。

編集部は、最近よく話題になっている母と娘の関係の難しさを特集したかったようですが、私自身に関していえば、どんな親子にもそれなりにありますので、まあ、普通の親子関係というところでしょうか。

しかし、思い起こしてみれば、本質的なところをじっくりと話す機会はほとんどなく、母の経験も思いも知らなかった、わかってはいなかったのだと感じることが多々あります。

ああしてあげればよかった。こうするべきだったという思いばかりが募ります。ただ、友人などの話から、誰もが同じ思いを経験する、そして、どれだけやっても、どうやってあげても後悔するものなのだというのが、子の共通した思いなのだとわかりました。

親子とはそういうものかもしれません。

母との関係や思い出を振り返るいい機会をいただきました。読んでいただければ幸いです。

記事はクリックすればPDFで読めます。

 

 
 
最新ニュース一覧    トップページ
 

copylight 2004 arias All rights reserved.