コラム『松本すみこのシニアライフ』 No.22

 

運転免許自主返納でお得?

2017年1月19日

 
 

返したくない免許証

前回に続き、車関係の話題です。

75歳になったので、運転免許を自主返納したと、知人が話してくれました。
私もほとんどペーパードライバーなので、今すぐに返納しても問題はないのですが、75歳はまだまだ先だし、返納したくないし。

なんで、私は運転免許証を持っていたいんだろうかと考えてみると、一番の理由は身分証明書になるからです。

パスポート、保険証なども身分証になりますが、いつも持って歩かないし、保険証はそのほかに、もう1種類提出が必要といわれる時もあります。
運転免許証が一番便利。

政府が一生懸命進めているマイナンバーカードができたときは、身分証明書代わりになるのではと喜んだら、個人情報が満載なので、気軽に他人には提示できないらしい。今のところ、国民にはあまりメリットがありません。

ただ、転免許証を返納すると、代わりに「運転経歴証明書」の交付を受けることができます。免許証と同じように身分証(本人確認書類)として使えるとか。

でも、今まで持ち歩いていた免許証を返納したら、寂しいだろうな。返納って、なんにしろ、寂しい感じが漂いますよね。

運転免許証の場合も、ただでさえ、老人・高齢者、体力・知力の衰えなどと言われた上でのことで、気分のいいものではありません。だから、簡単には返上したくないと思う人が多いのではないでしょうか。
返納者があまり増えないのは、心理的な部分も大きいような気がします。

では、進んで返納しようという気になる方法はあるのでしょうか。その一つが返納特典です。高齢者の事故を恐れる全国の自治体が様々な特典を用意しています。

どんな特典があるか、調べてみました。

自治体によって特典は違う

まず、東京の特典から。東京の管轄は警視庁です。東京は電車やバス、地下鉄と交通網が発達していますので、それほど力が入っていないような気がしないでもないですが。

・定期預金の金利優遇:巣鴨信用金庫、東京シティ信用金庫、西京信用金庫

・ホテルのレストラン割引:帝国ホテル、浅草ビューホテル、渋谷エクセルホテル東急などでのレストランやバーラウンジが10%割引

・百貨店の配送料無料:三越伊勢丹、高島屋での買い物の配送料が無料

・電子マネー優遇:イオン電子マネー「WAON」のWAONカードを無料で1枚進呈

・はとバス:定期観光のコース料金5パーセント割引

・セコム:位置情報・現場急行サービス(ココセコム)加入料金1,000円割引

・明治座:入場券代10パーセント割引

・商店街などでの買い物割引:浅草新仲見世商店街、巣鴨地蔵通り商店街、丸正チェーン、人形の久月、人形の吉徳、メガネドラック、アイリスメガネ、リオネット(補聴器)関連、など

・飲食店優遇:庄や、やるき茶屋、東天紅、浅草寺前今半別館、など

・引っ越し代金の割引:日本通運、フコクで10%の割引

このほかにも、仏壇仏具の割引、デリバリー、ハイヤーなどがあります。ただ、最も多いのが自動車学校。これって、矛盾してませんか。もう少しアイデアがほしいところ。
われこそはと思う企業さんは、サービスを提供を申し出てはいかがでしょう。

東京都の詳しい特典内容は、ここで。
http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/smph/kotsu/jikoboshi/koreisha/shomeisho/support.html

ちなみに、大阪市では、千日前道具屋筋商店街で一定額以上の買い物をすれば、フライパンがただでもらえるという特典が話題になりました。ほかにも、大阪にはユニークな特典があるらしい。

ご自分がお住いの地域の特典は、管轄の道警、府警、県警のサイトで確認してください。

それにしても、よく考えてみれば、特典があるから免許を返上しようという人は、あまり、いないかも。車なしでは暮らせない社会になっているのです。
やはり、高齢者が安心して運転できるシステムと環境の整備を急ぐべきかもしれません。

◆バックナンバーはこちら

 
 
最新ニュース一覧    トップページ
 

copylight 2004 arias All rights reserved.